FC2ブログ

「私に敵はいません。なぜなら、敵は己を持たぬからです」

People's Key
/ Bright Eyes

bright-eyes-the-peoples-key.jpg
君が僕で本当によかった
 07年発表の『カッサダーガ』以来、ブライト・アイズ名義としては実に四年ぶりとなる、コナー・オバーストの最新作。ブライト・アイズ名義としては本作が最後の作品になるかもしれないと本人が語っているそうだが、個人的に特別な思い入れがあるバンドなだけにできれば止めて欲しくないと願う一方で、しかしこの作品で最後を飾りたいという気持ちも認めざるを得ないほど、感動的な内容ではある(だからこそこの次を聴ききたいという欲もなおさら高まるのだが)。第一印象としては、フォークやカントリーといったアメリカーナ的音楽要素の後退、そして一部で聴くことのできるまるでキラーズのようなダイナミックなシンセの存在感に、これまでの作品との大きな変化を感じることができる。しかし『アイム・ワイド・アウェイク、イッツ・モーニング』と同時発売された05年のアルバム『デジタル・アッシュ・イン・ア・デジタル・アーン』などでもすでに立証されているとおり、コナー・オバーストは数々の音楽的素養を持った才能であり、そもそもの土台が広いシンガーであるだけに、これは単なるモードの変化というか、何かを意図した決断というよりはもっと気分的なものだったのではないかと思う。基本的なスタイルの部分は、何も変わっていないといえる。語り手は常に同じ場所に腰を下ろして言葉を吐き出しているだけなのに、その言葉の圧倒的な数と質量、そしてその饒舌ぶりが見えない車輪を回転させるような錯覚に陥らせる。動かずに耳を傾けているだけなのに、どこかに旅に出ているような気分にさせるのだ。やはりコナー・オバーストといえばこのスタイルである。なぜなら、それこそがまさに彼が歌い続ける「生きる」、という出口のない迷宮のような旅路の他でもない象徴だからだ。ただそこに「いる」だけなのに、なぜだか人間だけが、自分はどこへ向かうのか、どこから来たのか、そんな一本道の物語を作りたがる。そして、自分自身で作り上げたそんな道の上で、ときとして迷子になってしまう。ここは本当に自分がいるべき場所なのか、もっと他の場所に行くことができるのではないか――人間だけが、戸惑いと葛藤を抱えながら、どこかへ辿り着こうとする。ずっと、「自分」という椅子に腰を下ろしたままなのに。人は、自分を取り巻く環境から、誰が閉じ込めたわけでもないのに、思っている以上に離れようとしないものだ。その最たるものが、「自分」だろう。相変わらずコナーの歌に出口と呼べるものはない。答えはないのだ。しかし彼はこのアルバムの中で、なぜか他者であるはずの「君」のことを、「僕」と呼ぼうとしている。「僕と君」ではなく、「僕と僕」であると。その思いつきは、ひとつしかない道の上で彷徨っていたひとりの青年にとって、新しい入り口となり得たのかもしれない。道はひとつしかない。「自分」はひとりしかいない。そう知らず知らずのうちに思い込んでいた頃の「僕」よりも、やっと気付いた「僕」は、少しだけかっこよかったり、かわいかったり、優しかったり、弱かったり、しあわせだったりするのだろう。
スポンサーサイト



15:23 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
「水はコップに入れるとコップになる。ボトルに入れるとボトルになる。水に流れることも、衝突することもできる」 | top | その次は、鍵盤の上にはない音。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/994-2672da5c