FC2ブログ

謎と矛盾の両翼

ペンギン・ハイウェイ
/ 森見登美彦

ペンギン
飛べない鳥
 この人の作品はこれまでに数作しか読んでいないので、なんとも言えないところではあるけども、まずは主人公の男の子のしゃべり方が気になった。まるで翻訳機で英語を無理やり日本語に直したみたいに、いちいち「ぼくは――」と主語を宣誓せずにはいられない几帳面なところ。どうやら「ぼく」は、たいへん頭がよく、勉強熱心であり、将来はきっとえらい人間になるだろう、だそうなので、そのしゃべり方そのものがある意味、理知的・論理的・合理的な「ぼく」の性質の一端を伝える情報にはなっている。「ぼくは――」としゃべり始めるたびに自分を明確にしていく彼は実際たいした物知りではあるのだが、しかしそんな彼にもまだまだわからないことはたくさんある。世界の始まり、世界の果て。いつの間にか好意を寄せていた異性の姿形に、なぜこうも嬉しさが込み上げるのか。そう、いつの間にか、である。いつの間にか、謎はそこにあった。小学生のとき、「わからない」という回答を極端に嫌う先生がいた。もちろん計算問題の話ではない。なぜそんなことをしたのか、それをした結果いったい何を感じたのか、そういった、実になんとも言えない問いに対して、である(その先生の授業には変な決まりごとがいろいろとあって、ある日、「えっと」禁止令が出された。その日の授業で、僕は先生に当てられるやいなや、こう答えた。「えっと、わかりません」。――ちょこっと尾ひれを付けました)。大人の世界に近づくにつれて、「わからない」という回答がいかに嫌われ者であるか、事あるごとに思い知らされる。自分のすきな人に「なぜすきなのか、どこがすきなのか」と問われて困らない人に憧れるのだけど、なかなかうまくはできないものだ。思わず、初めて何かを忘れたときのことを覚えているのか、初めて自分のことを「ぼく」「俺」「わたし」「うち」などと呼んだときのことを覚えているのか、と問い返したくなる。そう、これだってひとつの、いつの間にかそこにあった謎だ。なぜ僕は、数ある呼称の中から、「俺」を選んだのか(実際の会話であえて自分を「僕」と呼べば、たちまち「『僕』に逃げやがって」と言い返される。しかしこれはそんな状況下でしか「僕」と言わない僕が悪い)。人は、いったいどこまで「わからない」という言葉に何かを委ねることができるだろう。空には何もない、カラッぽだとわかったとき、人は羽を失い、大人になった。そして、羽を持たない大人から生まれた子どもが、何かがあるかもしれないと目を凝らして空を見上げる。その差はもしかしたら、知ったフリをするか、知らないままか、の違いかもしれない。空を飛べないはずのペンギンがいまでも羽を持ち続けるのは、もしかしたら自分たちが飛べないことを知らないからなのかもしれない。いつの間にかそこにあった世界の謎。連鎖するつかの間の矛盾。誰もが最初は、いつの間にか、生きていた。そして、いつの間にか、死ぬのだろう。
スポンサーサイト



03:36 | | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
その次は、鍵盤の上にはない音。 | top | 僕の魔法のポケット、叩いて出てきたものは全部君にあげるもの。そうしたら、君のポケットは全部僕のものでいっぱい。僕のポケットは全部君のものでいっぱい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/991-d7b5d41b