FC2ブログ

2010年ベスト・ソング⑩

Baby
from the album "My World 2.0"
/ Justin Bieber feat. Ludacris

Justin Bieber-My Worlds
猫も犬も辞書なんて持ち歩かない
 例えば、道端でかわいい顔をした子猫を見かけたら、あなたはいったいどうするだろう。いつもより少し高い声で「にゃあ」と猫の鳴き真似をして、チッチと舌を鳴らす? 当然あなたはその子猫の気を惹こうとしてそうしたのだろうけど、しかしそのとき、その子猫は小さな頭の中でどんなことを考えているだろう。なんか人間のヤツが「にゃあ」とか言ってやがる、ところで、「にゃあ」っていったいどういう意味? そんなことを、考えてはいやしないだろうか。実はこれ、スヌーピーの頭の中の話である(彼の頭は見るからに結構な大きさだ)。言葉、と呼ばれるものには本来、その程度の意味しかない。対猫でこうだとして、では人間同士の場合はどうだろう。人は、いったいどれだけの根拠を持って、他人の話す言葉からそこに預けられた意図や意思を汲み取ることができている、と頷くことができるだろう。気持ちと言葉は必ずしも一致しない。むしろ、一致する方が稀だろう。相手に何かを伝えようとして言葉を探ることは、ある意味では気持ちと言葉の妥協点を見定める作業と言えなくもない。しかしその難しい作業が実を結ぶかどうかは、その言葉を聞いた相手次第である。話し手の口元を離れたその瞬間から、言葉は話し手の意識から乖離してしまう。しかしその一方で、話し手がまったく予知していなかった意味を、その言葉は聴き手側で発揮してしまうことも多々ある。ただでさえ口下手な人間なので、もう少しうまくやれないものかと苦労しているつもりなのだが、難しい。そんなとき、歌が歌えたら、と思う。全米上位に食い込むくらいとびきりポップで、でも玄人リスナーには浅はかとか薄っぺらいとか非難されちゃうような、そんな歌がいい。中身がないと言われても結構。だって僕は、意味なんて何も持たない歌を歌ってるんだ。その歌を埋め尽くした歌詞に意味なんてない。年上の有名ラッパーに参加してもらって経験談的なアドバイスを歌の一部に入れてもらったりもしたけれど、実はそんなのどうだっていいんだ。でも、わかるかな。何ひとつ意味を持たない言葉の集合の中に、たったひとつだけ、群を抜いて意味のない言葉が紛れていることが。ベイビー。ちょっとサムイ気分になっちゃうくらい、意味不明な言葉だよね。でも君がわかってくれるまで、何回でも繰り返し言うよ。べいび、べいびべいび。笑っちゃうね。だって、歌ってる僕でさえその言葉の意味を知らないんだ。でも、何回でも、色んな息づかいで、色んなメロディで、口ずさみたくなるんだ。そういう素敵な言葉があることを知ってる。だって僕は、君の名前の意味なんてこれっぽっちも知らない。
スポンサーサイト



09:47 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
時間的には「おはよう」 | top | 2010年ベスト・ソング⑨

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/982-6da895e8