FC2ブログ

Points Of Authority

時刻は17時ちょっと過ぎ。
おはようございます。今さっき起きました。

昨日は夜の11時から朝の6時まで学び舎がサークル会館の夜警の日でした。
一時間おきに各サークルの部室にいる人の数を把握しながら見回りをするわけです。
一昨日の活動と同じく夏休みを利用して実家に帰ってる人が多いので一年は僕一人でした。
でもこの二日間でかなり先輩達と仲良くなりましたよ。
お菓子とかアイス食べながらおしゃべりしたりトランプしたりなんか修学旅行みたいな感じでした。
今度から夜警は絶対参加しよ~。見回りはちょっと怖いけど・・・。
4階を一人で見回った時は怖かったなぁ。夜の校舎は怖いですよね。
結局SF研究会の人がゲームのコントローラー握り締めながら寝てただけでしたけど。笑
でも新館の方に一人で見回りに行った先輩は新館に誰もいなくてホンマに肝試しみたいやったそうです。
それにしても夜警も楽しかったし、やっぱ学び舎はいい。

そういえば学び舎旅行の計画があるけど全然進んでない。
大祭とかESは丁度今行ってるくらいやから正直話始めるのが遅い。
でもそんなマイ・ペースな学び舎が好き。
それのせいで紫陽祭っていう大学の祭りでは店出せなかったわけですが・・・。笑
前に部長が「晴嵐祭ではわらびもち売るから~!」みたいなこと言ってたけどホンマかな。
紫陽祭の時もそんな感じでホット・サンドになって前日に機材がないことが発覚して中止になったからちょっと心配。でもそんな適当な学び舎も好き。


起きたけど暇やから今日も名盤紹介。定番の作品です。
Hybrid Theory / Linkin Park
Hybrid Theory



 90年代に全盛期を迎えた頃のヘヴィ・ロックが持っていた緊張感を削ぎ落とし、エンターテインメント性を強めたバンドが00年代始めに多く現れたが、その中でも徹底した完璧主義と新進気鋭なその姿勢でシーンの頂点に君臨するのがこのリンキン・パーク。
 03年作のセカンド・アルバム『Meteora』での研ぎ澄まされた貫禄や重みも印象的だが、僕が推すのはこの01年発表のデビュー・アルバム。音楽の雑食性を活かした寸分の狂いもない混成曲は微塵の摩擦を生むこともなく直接耳に入り込み、腹にズシンとくるような重厚なギター・サウンドと共に甘ったれた幻想を放逐する。二人のボーカリストも突き合わせるとその差異が強調され、とてもおもしろい。感情的なチェスター・ベニントンとスマートで冷静なマイク・シノダの掛け合うようなボーカルは聴く者を高揚させる。すでに自分達の楽曲の公式を明確に掴み、完全に構築されたサウンドはとても新人の作品とは思えないクオリティと認めざるを得ない普遍性を両立させているし、それは01年アメリカで最も売れたアルバムという記録によって証明済みだ。サウンドの構成力という点において、リンキン・パークほど「完璧」という言葉にふさわしいバンドはいない。


おまけ
Linkin Park-In The End

スポンサーサイト



18:09 | サークル | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
She's Electric | top | Behind Two Hills,,,,A Swimmingpool

コメント

#
初めまして。
どうやってこちらに辿りついたのかは忘れたけれど、けっこうコマめに見ています。
いやーCDレビュー書くのうまいですねぇー
ツレから「絶対、お前の好みや」と言われてつつ聞いていなかったリンキン・パーク初めて聞いちゃいました。
ホンマに好みでした。もう気分はTSUTAYAに行かねばです(w
なんだか、ここを見るようになってから欲しいCDが激増しています。。。
by: きじ | 2006/09/02 09:43 | URL [編集] | page top↑
#
初めまして!
CDレビュー、かなり手探りな状態ですが、そう言ってもらえると嬉しいです。
リンキンは『Meteora』もリミックス版の『Reanimation』もオススメです。
是非聴いてみてください。
これからもいろんな名盤紹介していくんで、また遊びに来てください!
by: おうてか | 2006/09/02 14:43 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/98-172b8e4e