FC2ブログ

2010年ベスト・ソング④

Dance In The Dark
from the album "The Monster"
/ Lady Gaga

Lady Gaga-Monster
Don't Call Me Gaga.
 夜、ふと空を見上げてみたら、たくさんの星が大きく光っていました。これは本当にいつもと同じ夜空なのかと疑問に思うほど、それはそれは素敵な星空だったのです。まるで、夜空という果てしなく広い暗闇の中で楽しげに踊っているかのように、ひとつひとつの星の輝きが、わたしにはひどく魅力的に思えたのです。しかし、わたしが何をしていようと、星はいつだってそこにいて、夜が訪れる度に踊っているのです。ただ、わたしがこれまで気付かなかっただけのこと。夜空に星原が広がるこんな夜に、お話を聞いている途中で眠ってしまった子どもたちが素敵な夢の中で戯れ、優しい大人が枕と一緒に幻想を抱いて静かな涙を流すのでしょう。すべては、夜の仕業です。夜が嘘をつくのです。そして、嘘をつかない夜など、どこにもありません。夜の裏側などどこにも存在しないのです。それは決して朝や昼ではありません。犬の反対が猫でないのと同じ、と言えば少し分かりやすいかもしれません。夜のつく悪気ない嘘のひとつひとつが、わたしたちをとらえて放さないのです。まるで、いつまでたっても冬のダイアモンドから抜け出すことのできないリゲルのように、暗闇が広がる時間になると、手足を縛られてしまうのです。しかし、リゲルはそのことを不自由に思うことがあるでしょうか。わたしにはわかりません。あなたに尋ねれば、何か素敵な嘘っぱちの物語を聞かせてくれるかもしれませんね。あなたは、わたしには嘘しかつかないのですから。つまり、嘘をついたが最後、です。どんな後出しの否定や言い訳をしても無駄なのです。あなたのついた嘘は、すでにあなたの口元を離れ、意思を離れ、わたしを夜空に縛り付けているのです。あなたのついた何気ない嘘が、わたしを星座の中に閉じ込めるのです。人は、夜空を見上げ、手を触れることのできない、肉眼では確識することさえできない星のひとつひとつに、愛しい名をつけ、それを呼ぶのです。わたしは、嘘から生まれました。星の綺麗な夜に、他のわたしを呼ばないで。
スポンサーサイト



20:45 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
2010年ベスト・ソング⑤ | top | 2010年ベスト・ソング③

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/976-4dc528e3