FC2ブログ

左手ははぐらかすのがお得意

At War With The Mystics
/ The Flaming Lips

flaming_lips_war__at_the_mystics.jpg
「君だけが真実の嘘をつく」
 取って置きのジョークを用意してしまったら、きっともうクリスマスなんて待てない。12月23日の夜、“ヤー・ヤー・ヤー・ソング”を聴いて出だしからいきなり爆笑した。高音というよりも、ほとんど裏返ったに近い間抜けな声で「ヤー・ヤー・ヤー」の連発。そこに、コーラスとは呼び難い、音の外れた絶叫みたいな「アァァァアアアーーー」がかぶさってくるんだ。「yeah」という言葉が本来持つはずの、「肯定」なんていう立派な意味は思いつきもしなかった。新手の冗談としか思えなかった。どうしても名前が思い出せない末の苦肉の策で、店員に「フラミンゴのCD探してる」と伝えて見つけたアルバムらしいから、僕が手にする前からすでに冗談としての遺伝子を組み込まれていたような作品だったんだろう。それでいい。とても大切にしているアルバム。でも日頃聴くことがあるのは、一曲目の“ヤー・ヤー・ヤー・ソング”とラストの“ゴーイン・オン”、このふたつだけだ。フラミンゴはいくつかあるだいすきなバンドの中でも特にお気に入りのひとつだけど、片足で立って眠ることを除けば(コタツで寝ればいいのに)、僕はこの人たちのことをほとんど知らない。正確には、覚えている情報がない、ということになるのだけど、ひとつだけ印象的で、この人たちの音楽を聴くたびに思い出す話がある。とある雑誌のレヴューで、貝殻や石ころといった誰でも手にすることのできるアイテムで作品を作るひとりの芸術家のエピソードを引き合いにして語られていたこと。この人たちは、いまの技術なら機械を使ってたちまち再現できる音声を、なぜか生の素材で時間をかけて作る。これがいま現在、どこまで有効なエピソードなのかは知らない。でも僕にとって肝心なのは、僕がいつもその話を思い返しながら、フラミンゴ、の音楽を聴く、という事実だけだ。辿り着いた「結果」よりも、むしろそこから遡ることのできる「経路」、そしてその「根拠」が重要だということなんだろう。機械でも人力でも、結果的には同じものが作れる。ならば大半の人が手間のかからない機械を選ぶだろう。手間をかけることが、重要であることと均等に結ばれるのではない。解り難く例えれば、絵の具で一枚の絵を描くときに、絵の具では描くことのできないものがある、ということが重要なのだ。目に見える結果だけでは理解することのできない何かがある、ということだ。生きる理由を知らない僕たちと同じだ。真実だけでは伝えられないものがあるから、僕たちは嘘をつき、冗談を求める。それは、わからない、ということを表明することと、少し似ている。どうしてクリスマスには、大切な人にプレゼントを贈るんだろう。すきな気持ちなんて、もうわかっているだろうに。それなのになぜか、下手をすれば言葉よりも不鮮明にしか気持ちを表象しないプレゼントに、人は思いを託したくなる。言葉という真実だけでは、伝えきれないものがあるからだろうか(言葉は気持ちではない)。それは、嘘、冗談、わからない。それとも、それ以外、か?
 本当は、ここまで言うのは反則なんだ。自分の表現力のなさにはほとほと呆れる。意味なしジョークに意味があるとすれば、それはいったいどんなものだと思う? それは、別の意味がある、ということ。それこそ、まだ誰も言葉に還元したことのない、気持ち。まだ誰も口にしたことのない、まったく新しい言語。まだ誰も出会ったことのない、誰か。背中合わせに立った二人みたいな、表側も裏側を持たない嘘。ことごとく、真実。

スポンサーサイト



12:52 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
なんで悪役には、色が無いんだろう | top | たった一言の解説で、ジョークはたちまち瓦解する

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/968-776a17a7