FC2ブログ

僕の枕は昼の間もまだ夢を見てる。

Coast To Coast
/ Westlife

Westlife-Coast_To_Coast.jpg
「ラブ」じゃない、「ラヴ」って言え
 やっぱり音楽やる人も見栄えが大事だと思うんですよ。色々と見せ方のある中でも、バンドはダントツで映えると思う。特にシンプルなのがいいね。初期のビートルズみたいなやつ。だっていまでもキングス・オブ・レオンとかジェットとか、何にも新しいことやってないのに、それでもすっごいかっこいいじゃない。ああいうの見たらなんだかんだでボーカル&ギター&ベース&ドラムっていうスマートなのがバンドの黄金比率なんだって思うじゃない。でも、それを楽勝で超え得るフォーメーションが、この世にはひとつだけあると思う。僕だけだったら恥ずかしくて死んじゃいそうだけど、それは、アイドル五人組み。アイドル、五人組み。二回言っちゃったけど、ホント素敵だよね。なんでだろう。男性アイドル限定だけど、五人じゃなきゃいけないんだ。V6はひとり余分。TOKIOは五人組みだけどバンドもやって欲張りすぎて、逆にバランス悪い(ホットパンツ穿いてた初期の長瀬はかっこよかった)。Kinki Kidsは僕の中ではアイドルじゃなかった。SMAPは下品。KAT-TUNムカつく。なんか全体的に古いけど、いまだったら嵐か(個人的には関ジャニ∞がアイドルとはまったく無関係のところですきだ)。嵐はいいよね。五人だし、男にも好かれるアイドル。でも惜しいんだよな。かっこよすぎる。メンバーみんなホントに仲良さそうだし、それぞれ他分野の才能も持ってる。決定的なのは、フレンドリーなところ。みんな世俗を超越した才能持ってる人たちなのに、なんか距離が異様に近く感じるんだよね。街で声かけたりしても、嫌な顔ひとつしなさそうだもん。そこが、すごく惜しい。人間的な完璧さに近づきすぎて、アイドルとしてはものすごく惜しい。人気絶頂なんだから別にいいんだけど、もっと遠くに行ってくれたら僕は俄然のめり込むのに。全然手なんか届かない、眩しいステージとテレビの画面の中にしかいない、それこそ架空の人物みたいなさ。そんでこれまた架空の人じゃねぇかってくらいのすんごい女の子のアイドルと付き合っちゃったりとかしてさ、イン・シンク時代のジャスティンがブリトニーと付き合ってたみたいに(例えがいちいち古いね)。それがタブロイド紙の一面飾っちゃったりとかして(タブロイド、いい言葉だよね)。そういうの見て、ドキドキしたいじゃない。その点、最近のアイドルはみんな行儀だけはいいんだけど、アイドルぶるのを恥ずかしがってるね。嘘つくことが、かっこ悪いと思ってる。歌もRight-onみたいにカジュアルだけど、それじゃ全然面白くないんだよ。
 またしても随分古いけど、ウエストライフの輝かしき五人組み時代のセカンド・アルバム。知ってる? 一曲目、“マイ・ラヴ”っていうんだよ(問答無用の全英一位!)。アイドルはやっぱこうじゃなきゃいけない。タイトルからして、共感できる人が世界にひとりでもいる方が異常なくらいの名バラード。TRFばりの断崖絶壁から歌うんだよ。当たり前じゃん。アイドルは普通の人じゃないんだよ。それでもキャーキャー言われてちやほやされんの。よく考えてみてよ。距離が近いことが、ユーティリティーが、アイドルにとって、いったいどれだけ重要なわけ? アイドルの笑顔が真実であることに、いったいどれだけの価値があるの? やっぱりこういうの歌って欲しいじゃない! 最近いないよね、こういう人たち! 気付けばアイドル五人組みの件、どうでもよくなってるし! そんくらいすごいんだよ、“マイ・ラヴ”!
スポンサーサイト



10:22 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
急発進 全速力 バックで前進 だだだだだ | top | 愛のお気に召されるように。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/965-673d1b16