FC2ブログ

「バカ」についてはタトゥーで書きました

Hero
/ Papaya

papaya-hero.jpg
半年以上も手をつなげなかった
 以前にリトル・ブーツか誰かのレヴューで、ポップっていうのは「嘘」と「セクシャリティ」と「バカ」だって書いたことがあるのだけど、その「セクシャリティ」について。僕だけだったら恥ずかしいのだけど、ポップであることって、どこかエロいと思う。そこに卑猥な言葉が登場する必要はないし、そもそも「卑猥」という意味でのエロさではニュアンスが違う。メロディだ。必要以上に弾けていて、コミカルなところ。それが、ものすごく恥ずかしがっているように聴こえる。好きな子の前でおちゃらけちゃうみたいな、照れ隠し。そして、それが顕著になればなるほど、ポップは「わたしとあなた」について歌うことを執拗に避けようとする。その圧倒的な頂点とも言えるアクアの名曲“バービー・ガール”。「わたしとあなた」ではなく、バービーとケンという二人の架空の人格を拝借した素敵な物語。なぜ、ポップはそんな嘘を必要とするのか。触れられないからだ。自分のそばにいない誰かと架空の世界は、「触れられない」というただその一点においては、完璧に同義だからだ。だから、架空の世界観を必要としたポップでは、その愛しさと狂おしさの色合いだけが残り、歌い手その人の人格は物語の背後に隠される。いじらしくて、奥ゆかしくて、たまらない。キス以前のもどかしさと、臆病さとほとんど紙一重の優しさ。ポップな音の運び方なら誰でも知っている。でもこの照れ臭さを知っているポップにはそうそう滅多に出会えない。そして、本当に優れたポップにはほとんど例外なく、この、ただひとつだけが架空でないニュアンスを感じる。それを僕は「セクシャリティ」と呼ぶことにしている。
 ダンスマニア・シリーズは中学生の頃よく聴いていた。この歌はシリーズの常連だったパパヤの楽曲の中でも突出して人気の高い歌で、当時は様々なリミックス・バージョンが作られていた。この歌も、求める愛しい誰かは「あなた」ではなく「ヒーロー」である。メロディ、声、アレンジ、どれをとっても秀逸なのだけど、歌詞が抜群にいい。特にサビ直前の、「But at the break of dawn he is gone/The wind has carried him away/And like a comet on the sky he will return - someday」のところ。彼が去っていくのを夜明けのせいにして、風のせいにして、ヒーローのせいにして、彼の戻ってくる「いつか」を待ち焦がれる。その直後の「You are my hero/Ooo I love you」が、わざと右手に持ち替えたカバンみたいに、ちょっとだけ照れてる。

スポンサーサイト



16:20 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
僕がYUKIを聴く理由、知ってる? | top | 「12」は「1」と「2」が寄り添う、アイ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/953-a4914998