FC2ブログ

欠点とも言われてるけど、つんくひとりが曲を書き続けることに意味がある

プラチナ9DISC
/ モーニング娘。

モーニング娘。-プラチナ9
モーニング娘。なんて、もう飽き飽きだわ
 メンバーの加入時期を基準にしてモーニング娘。のキャリアにひとつの大きな楔を打つとしたら、決定的なのは五期だと思う。モーニング娘。とは、成長の物語だった。オーディションの落選組みから選ばれた素人同然の女の子たちが何にも持たない場所からスタートし、ひとりのプロデューサーの下で慎重かつ大胆に育て上げられていく。すべての始まりとなったテレビ番組「ASAYAN」では、毎年行われるオーディション・楽曲のパート争い・レコーディング風景・脱退など内部の様々な様子が扇情的に放送された。右肩上がりのセールスと次々と増えていくメンバーの数。モーニング娘。という存在感の巨大化そのものが、成長していくその過程とスピードがすでに、それを観る者の興奮を促す極上のエンターテインメントだった。モーニング娘。を応援するということ自体に、ファンは彼女たちの成長に自分が一役買っているという紛れもない実感を持つことができたのだ。三期の後藤加入と共に発表された名曲“LOVEマシーン”、辻加護を含む四期加入によってメンバーが明確にいびつになったからこそモーニング娘。は“恋愛レボリューション21”という革命を歌うことができた。五期とはすなわち、その後、である。そのときすでに、モーニング娘。は成長ではなく成功の約束された場所へと変わり果てていたのだ。オーディションの応募総数最多記録が五期だという事実が、それを裏付けている。そして、それだけの人数から勝ち残ってきたはずの五期最終候補者たちのオーディション合宿で講師が言っていたのは、「これまでと違ってハングリーさがない」ということだった。それがいったいどういうことを意味するのか、誰もすぐにはわからなかった。それでも、変わらないものなんてどこにもない。時計の針はわがままに進み続ける。モーニング娘。はゆっくりと、失速していった。いつの間にか、成功のその後の物語を、描けなくなっていた。
 本作は昨年発表されたモーニング娘。通算九枚目のオリジナル・アルバム。最後の四期メンバー吉澤が脱退して以来初のアルバム、つまり、五期以降のメンバーのみで構成された初めてのアルバムである。そしてその冒頭を高らかに飾った“SONGS”という楽曲は、「生きるのが下手、笑うのが下手、上手に甘えたりも出来ない」というある意味衝撃的な言葉から始まる。とても象徴的な宣言だと思う。モーニング娘。という看板を背負い続ける限り、現在のメンバーは在籍していなかった頃とでさえ比較され、その責任を問われる。過去の成功なんて、コンプレックスと紙一重だ。劣等感なんて、プライドの裏返しだ。その狭間で立ち止まっていたモーニング娘。の葛藤をぶち破ったシングル“リゾナント ブルー”が本作には収録されている。それは、メンバー全員が、「モーニング娘。」というひとつの共通した人格を背負うという約束。かつてのように、メンバーの多彩な個性でアピールする器用さや万能さなんてもう必要じゃない。生きるのなんて下手でいい。だからこそそこでは実力だけがすべてを決める。難解さを増した歌と複雑化されたリズム。誰にでも開かれた歌ではなく、自分たちにしか歌えない歌を歌う。今年発表された『10 MY ME』でそれは更なる高みに到達していたが、新しい始まりは間違いなくこのアルバムからだった。わたしたちは昔のモーニング娘。とは違う。誰かに導かれたいとは思わない。甘やかす暇があったらわたしたちについて来い、と。長年苦戦を強いられた五期筆頭であり、そしてその経験あってこそ、恐らくモーニング娘。史上最強の歌唱力とパフォーマンスを手に入れた現リーダーの高橋愛は、“リゾナント ブルー”発表を翌年に控えたときの紅白リハで、同じく赤組のAKB48に向かって「負けない」と発言した。

スポンサーサイト



11:33 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
iTunes再生回数とうとう一位記念 | top | マニー、マニー、マニー

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/942-b4fc20d3