FC2ブログ

助けて

ピンチランナー
ピンチランナー
あー、父さん母さん
 モーニング娘。四期メンバー(辻、加護、吉澤、石川)加入初シングルとなった“ハッピーサマーウェディング”発表直後に公開されたモーニング娘。主演の駅伝映画。“LOVEマシーン”に“恋のダンスサイト”と二作連続でミリオン・セラーを叩き出し、モーニング娘。が国民的人気を誇っていた頃の、実に十年前の映画なのだが、これがツッコミどころが多すぎると言うか何と言うか……。彼女たちの演技自体は、決して悪くない。下手くそだが、笑えるし、なんせかわいいから、「なっちだって頑張ってるんだよ!」とかバカみたいなエコヒイキのひとつぐらいしてあげてもいいよって気分になる。問題は完全に制作側にあって、ザックリまとめてみれば駅伝出場をひとつのゴールにした少女たちの結束と成長を主軸に置いた青春物語みたいな内容だと思うのだけど、制作側は、青春的希望の根源には大袈裟なハンデがなければいけないとでも勘違いしているのか、モーニング娘。のメンバーそれぞれがいじめやら病気やらトラウマやらやっかいなものをもれなく抱えていて、そのひとつひとつにいちいち全能的な解決策を提示するあまり、そっちに時間と労力をかけすぎちゃって、肝心の駅伝シーンが始まる頃には観てるこっちが疲れちゃって、もうさっさと走って家帰ろうよって肩叩きたくなる。そしてもちろん恋愛も盛り込まれているのですが、矢口に思いを寄せられつつも、安倍に密やかな恋心を抱く男は誰だろう……って押尾かよ! これは十年前の映画ですが、近年いろいろあっただけに、妙な時差のいたずらのせいもあって彼の登場シーンはかなりウケました。とにかくそういう、若者ならではの葛藤やお悩みが、小学生でもわかる予定調和の模範解答にもろ手で歓迎されていくさまには、映画は問いに対する答えを提示する義務などないとか考えて始めてしまって白けてきますが、まあモーニング娘。だし、甘めに見てやる。ただなんで駅伝シーンに入ってから、カメラが替わる!? 明らかに安いカメラに切り替わって、映像の質が格段に落ちる。奥行きがなくなって、普通にテレビののっぺりした映像見てるみたい。しかも本物の駅伝大会に参加して撮影されたらしいのですが、つまり観客は、エキストラではなく一般客。モーニング娘。のメンバーの走りに併走するカメラ小僧の数の多さといったら! しかも飯田がもう演技のこと忘れちゃって、道端から声援を送るファンたちに手を振って応え始めるあたりから完全に、映画観心地ゼロ状態に突入。凡人の美意識で観てたらヘロヘロになる。でも最後の最後に登場する大根丸出しの四期メンバーがかわいすぎるから全部許してやる!って感じになってもう観てるだけでランナーズ・ハイ。

スポンサーサイト



01:04 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
小田和正は「言葉にできない」思いのすべてを「ラララ」に託した | top | あなただって一回目かも

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/935-7467dde3