FC2ブログ

あなただって一回目かも

The Final Destination 4
ファイナルデッドサーキット
ノストラダムスの失敗
 あらゆる確率は一度目に起こる。これは屁理屈である。サイコロを振って、特定の数字が出る確率は、言うまでもなく六分の一。六つのすべての面が均一の条件を与えられている時点でこれは明白なことだが、そういう条件とかを一切無視して実践のみによってこの確率をはじき出す場合について考える。例えば「1」の目が出る確率。三回目に「1」が出た場合、「1」の出る確率はとりあえずは三分の一ということになる。八回目に出たら、八分の一。何回も繰り返せば、次第に六分の一という当然の結果へと集約されていくはずなのだが、ここで肝心なのは、そういうことじゃない。三分の一、八分の一、というその場その場の確率が発生する瞬間、すなわち、分子が「一」であると確定する瞬間は、実際に「1」の目が出たまさにそのとき以外にはあり得ないということだ。対象となるその事象が実際に起きて初めて、確率は完成する。あらゆる確率は一度目に起こる、とは、そのことをあえて本質を外して言った、言葉のトリックである。そこには、その特定の事象が起こらなかった可能性が加味されていない。ユニークな詭弁である。そしてだからこそこの言葉は、もう実際に起こってしまった出来事よりも、未だ起こっていない出来事に対して、ある種の有効性を持っている。起こっていないことは、起こる確率がゼロだからじゃない。まだ、一回目がやってきていないだけだ。この世には、起こり得ないことなどひとつもないのである。
 悲劇は、まるで予めそう定められていたかのように、起こるべくして起こる。致命的な不注意や不幸な偶然の連続によって人々がことごとく死へと追いやられていく『ファイナル・デスティネーション』シリーズの現時点での最新作。邦題は『ファイナル・デッドサーキット』。予知夢によって人々の死を予感した主人公がそれを防ごうと奮闘するのだが、まことに残念なことに、不可解な「死の力」には誰も抗えず、皆もれなく陰惨な血祭りにあげられる――というおおまかなストーリーは毎度のことながら、これが不思議と飽きない。洗車機にアンテナ立てたまま入っちゃって、破損したアンテナが洗車機のシステム部にぶっささって故障、洗車機の中に閉じ込められた挙句、扉を開けるわけにもいかず、脱出しようと試みた車の天窓まで壊れちゃって微妙に人が通れないくらいに開いたまま動かない、洗車機の水道管がぶっ壊れてちょうど天窓から車の中に水が溢れていく――みたいな見事に都合のいい、でも絶対に起きないとは言い切れない不幸が立て続けに発生する工程は、ピタゴラスイッチみたいで面白い。たったひとつのルール違反や慢心が、とんでもない不幸を引き起こしてしまうことがある。安心して生きるなんてそれだけで怠慢。世界には、突風に飛ばされた乾麺のスパゲッティに心臓を突かれて死んだシェフだっているんだから。
 

スポンサーサイト



16:21 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
助けて | top | 紛い物の物語

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/934-fb9a531b