FC2ブログ

フィール・グッド

Plastic Beach
/ Gorillaz

Gorillaz-Plastic Beach
音楽はもっとファンタジックであるべきである
 先日、話題の『アリス・イン・ワンダーランド』を3Dで観た。結構楽しみにしてたのだけど、ワンダーランドが全然不思議に感じられなくて、相当時間寝た。実写であり、CGであり、3Dであるということ。映画という平面のスクリーンで繰り広げられる物語に、いまできる最大限の立体感を再現してみせる試みだが、ワンダーランドを現実に細かく再現しようとすればするほど、魅力的な不思議さが薄れていくような印象を受けた。全部普通に受け入れられちゃうんだよな。体がちっちゃくなったりおっきくなったりとか、胴体の消える猫とか、全然不思議じゃないんだ。ファンタジーはもうフィクションの世界の出来事じゃない。現実世界で、簡単にできちゃうんだよ。もうそこまで来てるんだ。映画の中っていうあくまで虚構であり続ける世界が現実世界と拮抗する強度を持ち得てしまう。抽象的だったものが、どんどん具体的に暴かれていく。前にも似たように感じた映画があったなと思って、それが実写版の『ピーター・パン』。どこにあるかわかんないはずのネバーランドがね、海に浮かぶ島として普通に俯瞰画面で出てくんの。「ここだよ」って。それまで見えなくって手に入れられなくってもどかしかったはずのものを、いきなりあっさりと見せつけられてしまうと、たちどころに興味を失うことがある。そりゃあ愛と友情が社会に溢れていればみんな幸せさ。でも、だからって実際に「友愛社会」ってそのまんまな言葉で掲げられて、冷めなかった人なんていないでしょ? それはつまり、「ここ」って明らかに地図で示された場所以外はすべて、ネバーランドじゃないってことになってしまうからだよ。ネバーランドなんて、どこにあったっていいはずなのにさ。
 カートゥーン・バンドとして音楽史上唯一のワールドワイド・サクセスを手に入れたゴリラズ。その実態がデーモン・アルバーンとジェイミー・ヒューレットであることはすでに周知の事実だが、明らかに後付としか思えない嘘っぱちだらけの壮大(?)なストーリーまで用意して、「地球上で最も見放された場所」とかいうこのプラスチック・ビーチを面白おかしく捏造してる。現実世界を凌駕する仮想世界とかテクノロジーとか環境問題とかもうどうでもいい。このアルバムを聴けば、ゴリラズにしてもブラーにしても、幾多のサイド・プロジェクトにしても、デーモンがなぜ「ポップであること」に執拗に拘るのかがよくわかる。デーモンは音楽と戯れたがってる。それそのものは視覚できなくても、そこにはすでにメロディという立体的な世界があるからだ。

スポンサーサイト



00:07 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
お恥ずかしいことながら、いまさらゾクゾクしています | top | 平面から立ち上がる想像力は、3Dよりも圧倒的に立体的だってことだよ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/931-1db13023