FC2ブログ

衣装がフレッド・ダーストみたい

Monkey Trouble
トラブるモンキー
邦題、『トラブるモンキー』だって
 94年公開のアメリカ映画。愛しのソーラ・バーチ、12歳にして二作目の主演映画。子役女優デビュー前にも四十本以上のCMに出演していたというだけあって、幼いが演技に危うさはまったくなく、母親の再婚相手の連れ子である義理の弟とうまく接することのできない女の子役として、もどかしい気持ちという表現し難い感情を、見事に掌握している。演技力の高さは子役時代から定評だったみたいだけど、彼女の演技を見たら、ちょっとそこらへんの人気子役とか、一気にくすんで見える。国内版としてはVHSのみで残念ながらDVDは発売されていないようで、海外版DVDで観たからところどころ何言ってるのかまったくわからないところがあったけど(ていうか実はほとんどわかんなかった)、言ってみればファミリー・コメディ的な映画だから、展開がわかりやすく立ち止まることもなく最後まで楽しんで観られた。ソーラ・バーチ演じるいじけ気味の女の子がひょんなことから天才曲芸猿と出会い(こういう物語の「ひょんな出会い」というものは得てして予めそう運命付けられているとしか思えない、実に都合のいい「ひょん」ですが、でもだからこそいいのです)、数々のトラブルを潜り抜けながら多くのことを学んでいく、という成長の過程をキュートかつコミカルに描いた良作。悪役を演じた大御所俳優ハーヴェイ・カルテルが、まだあどけないソーラ・バーチを実に優しい立ち振る舞いでサポートしている(やっぱり本物は抑えたり溜めたりできるんですね。『レザボア・ドッグス』超かっこよかったです)。海外ではファミリー・コメディのボックスセットとして『マスク』なんかと一緒に収録されたりもしているみたいで、そう言えば本作の魅力の一部を伝えることができるでしょうか。ただひとつ気にかかったことがあって、子役時代の彼女がたまに覗かせる「大人びている」という印象を与える演技、呆れ気味に笑う、とか、溜めて泣く、とか、そういう絶妙なところが、実際に大人になったいまとまったく違ってない。だからいまそういう仕草を見て思うことは、大人の女性なのに、「幼い」ということだ。そこにものすごく、この人の屈折しているように思える「何か」を感じる。女優として成長していないという意味では絶対にない。言ってみれば、大人になったいまも、まるで本物の子どものように笑ってしまえるということだ。以前この人はたまに瞳が空っぽになると書いたことがあるのだけど、そういう彼女を見ると、「大人」と「子ども」の狭間のエア・ポケットのようなところに彼女がポツンと佇んでいるような錯覚がする。『ゴーストワールド』で共に注目を浴びたスカーレット・ヨハンソンがいまや一流女優のひとりとして認知されている一方で、最近のソーラ・バーチはグロに頼ったB級映画の主演が多い。僕が言いたいことは、例えば血のりで表情を覆い尽くすまでもなく、この人は、笑いながらでさえ孤立してしまえる、ということだ。そんな狂気を、演じてしまえるということだ。そして、時間の止まってしまった世界に佇んでいるそんな彼女の姿は、こちらの息まで思わず止まってしまうくらい、ものすごく綺麗だということだ。

スポンサーサイト



00:47 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
思わず写真撮った | top | マッシヴ鍬形アタック

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/918-4328267a