FC2ブログ

ジョージ朝倉と誕生日ひとつ違いだ!

ハッピーエンド
/ ジョージ朝倉

ハッピーエンド
ぶち抜き愛のテンション
 個人的に、ジョージ朝倉の漫画は、読んでて無性に元気出るか畜生に落ち込むか、どっちかだ。どっちかしかない。落ち込む方は、もう読むの止めた。絶対最後まで読んでやらない。だって打ちのめされたくないもん、ハート! で、これはめっちゃ笑った。笑い止らんかった。『カラオケバカ一代』みたいなアホアホギャグ漫画じゃないし、内容はマジなんだけど、やばい、読み終わって、いま、テンションが。それで二回読んだ。一回目は、なんでこれが回想式の設定じゃないといけなかったのかよくわからなかったし、章ごとに「○○年前」って設定表示はされるんだけど、僕は頭が悪くてそういうのをうまく処理できない性質なので、順番とか途中でもうぐちゃぐちゃになったりして、一話一話を完結した話としか読めなかった。この話には「現在」がない。一応年代設定が表示されない最後のがどうも「現在」っぽく描かれてるけど、ちょっとわかりにくい言い方をするなら、最後の話は、「現在じゃなくてもいい」話だ。この話が回想式じゃないといけなかったのは、絶対に「その先」がなきゃいけなかったからだ。ジョージ朝倉の漫画読んで無性に元気が出るのは、めっちゃ悩んでたり打ちのめされてたりするのに、キャラが「鬱」じゃなくて「躁」で、全然テンションが高いからだ。だから回想式のこの話でも、それは後ろ向きだったり過去が舞い戻ってくる切なさとかでも全然なくて、「躁」な連中が、クライマーのごとく過去をどんどんよじ登ってくる。みんな、話の中でわかりやすいハッピーエンドには辿り着けていないけど、読み終わったとき、「うわぁ! みんなハッピーエンドにしか向かってねぇ!」って気付かされる。だってそうだ! 後ろ向きに進めるほど器用じゃねーもん! そんなんできんのマイケルだけだよ! あーあー、僕の向いてる方角がいつだって「前」だよ! 前向きにしかなれねー! 今日バイト上がって店のテレビで天気予報見ながら「あー明日雨かーまた洗濯できんー」って言ってたらママさんに「バレンタインやから雨で残念なんじゃなくて洗濯か!」って言われてさっきまでマジで自己嫌悪だったけどいま元気しか出ないよー! あーちくしょー、こちとらバレンタイン以外の日でもヘコヘコしたっていいくらいお菓子もらいてーのによー、毎日あくまで受け取る側でのバレンタイン設定なのによー、14日誰にも会う予定ないしよー、ベルトしないでバイト行ったらめっちゃジーパンずれるしよー! あーなんかめっちゃ嬉しいしよー! ……ぶち抜きですものっ! 
スポンサーサイト



01:58 | | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
安いからいいけどさ | top | 完成度が高くて切なくなったので、お門違いなこと言います

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/910-dacac290