FC2ブログ

美しい人

Reason
/ Melanie C

Melanie C-Reason
心底こういう人になりたい
 松尾スズキの最新小説『老人賭博』のしょーもないネタにスパイス・ガールズの“ワナビー”が出てきて、急に聴きたくなった。いま彼女のことをこう呼ぶ人は多分世界にひとりもいないだろうけど、「スポーティ・スパイス」ことメラニーCのソロ第二弾アルバム。03年発表。スパイス・ガールズは基本的に、お喋りなガールズ・グループだったと思う。ラップと呼ぶのもあつかましいようなワラワラ早口言葉で畳み掛ける“ワナビー”が何よりも象徴的。特にジェリとかメルBなんか、絵に描いたような「わたしがわたしが」精神の持ち主で、まあ確かにスパガはそういうバカっぽいところがチャーミングでよかったんだけど、明確にキャラ立ちしているように見えたあの五人の中で、他の四人がドレスアップする中ひとりジャージとか着て常に一歩下がったところから僕に歌いかけてきてくれたのが、他でもないメラニーCだった。中学の頃大好きだったんですよ、彼女の歌。「スポーティ」と呼ばれながらも、頭が悪いから元気に振舞うのではなくて、思慮深いからこそ常に笑みを絶やさないように努力してる。でもスパガは他のメンバーが本当に天井知らずのバカだったから(いやでもだから好きなんですよ)、おちゃらけた熱狂の中たったひとりだけバカになり切れなかったメラニーCには、それなりにフラストレーションとか、あったんだと思う。それぞれのソロ作品を聴けばわかるけど、なんで一緒のグループにいたの?と疑問になるほど五人の主義趣向は見事に食い違っている。それでも他の四人のやりたい音楽はグループの中でもそれなりに採用されていたと思うのだけど、メラニーCのソロ第一弾『ノーザン・スター』のナチュラル・ロックがスパガで採用されたことはもちろんたったの一度もない。でもだからこそ彼女はあれを作らないといけなかったんだろう。轟音の鳴りまくる“ゴーイン・ダウン”を歌わなければいけなかったんだろう。そして、ソロに移行してのびのびと自分を表現する場所をようやく獲得できた彼女は、ここで初めて、自分を評価する外側からの言葉でも、そんな外側をひきつけるための「わたしが」な言葉でもなく、自分自身の内側から自分自身にこそ語られる言葉に、静かに耳を傾けることができたんだと思う。そういう自問自答が絡まってひとりぼっちの暗闇に墜落していくのではなく、晴れ晴れとした場所へと開かれていくためにこそ、まずは自分自身に語りかけようとする彼女の健気な姿には痛く感動させられる。当たり前すぎるからこそ躊躇してしまいがちなポジティヴな言葉をここまで自然に歌うことができるのは、本当に素晴らしいことだと思う。好き。

スポンサーサイト



04:13 | 音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
惜しい | top | ちょー好き

コメント

# 相互リンクのお願い
はじめまして。
サイト運営をしている者なのですが、相互リンクしていただきたくて、コメントいたしました。
下記のURLから、相互リンクしてもらえると嬉しいです。
http://hikaku.link-z.net/link/register.html
ご迷惑だったらすみません。突然、失礼しました。
bOMElZvQ
by: 相互リンクのお願い | 2010/01/29 07:50 | URL [編集] | page top↑
#
アクセスしてみましたけどなんかややこしくてよくわかんないので、またの機会にということで……すみません。

リンクフリーっていうやつなので、勝手にリンクはっちゃっても構いませんとだけ言っておきますー!

コメントありがとうございますー!
by: 幸大 | 2010/02/17 07:13 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/906-a62ac55a