FC2ブログ

今更だけど、本当に素敵な二人組みだ

Dangerous And Moving
/ t.A.T.u.

Tatu-Dangerous And Moving
究極の、究極の一発芸
 輸入盤が洋楽ファンの間でマスト・アイテムになり火の付いたタトゥーのデビュー・アルバムは03年発売の国内盤と合わせてここ日本ではダブル・ミリオンを記録した。が、その人気も同年6月のMステ・ドタキャン騒動で一気に暴落、年末のコンサート会場となった東京ドームの客席は虫に食われたようにガラガラだったという。どうやら現在でも細々と活動しているようだが、一連の騒動以降、日本でのタトゥーに対する認識は完全に「過去の人」に分類され、もう誰も何にも気にしないよ――と、こうして日本におけるタトゥーのバイオグラフィーを数行でまとめてみると、果たして彼女たちは何のために現れたんだろう?と首を捻りたくなること必至である。05年発表の本作もそれなりに売れたけど数字にしたら前作の十数分の一程度。でも彼女たちのやってることは何も変わってなくて、歌唱力は本当に凄いし、音楽にも根源的な不安感みたいなものが終始漂っていて、且つ、メロディアス。タトゥーの本当の魅力は、意味がわからないところにある。こいつらはどうしてこんな、叩かれることが誰にでも想像できるようなバカな真似をやってしまったんだろう。それは、彼女たちには、未来に佇む自分たちの姿が、まったくもって見えていなかったからだ。想像すらもできていなかったからだ。でもそれは、彼女たちが単なるバカだったからだ、と誰が嘲笑えるだろう。いや、嘲笑っていいけど、でも、未来がわからないのは決して彼女たちだけじゃない。こんな時代、予め失われた未来は、案外すぐそこにある。ただ、誰も彼女たちほど威勢よくは狂えない、というだけの話なのだ。でも、彼女たちは、「咲いて、散った」という意味においては完璧に辻褄を合わせてきた。本作には、あまり一般的には知られていないが、日本におけるタトゥー伝説を終結させる珠玉の名曲が収録されている。その名も“Gomenasai”。この曲のサビの部分を、彼女たちはなぜか、忌まわしいはずの日本語で歌っている。「ゴーメナーサーイ」。いや、言えてねーし。謝る気ねーし。

スポンサーサイト



22:07 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
五千分の一の光景 | top | もしも、

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/866-c79b32e4