FC2ブログ

ちゃんと騙す

『漂流教室』でも、
過去と未来に離れ離れになった親子が
一本の錆びたナイフで繋がってた。
『わたしは真悟』なんて涙なしには読めないよ。


・・・・・・やばい!
数ヵ月後には
「今日も神様の漫画読んだおwwwwwるきるき!」
とか言ってそうだ。
テラやばす!

イアラ
/ 楳図かずお

イアラ
巻き戻せないなら歪ませれば良い
 思いっきり勝手な推測でしかないけど、本作『イアラ』や『イアラ短編シリーズ』『わたしは真悟』などの作品を読むと、楳図かずおには物凄い失恋の経験があるんじゃないかって思えてくる。そこにすがって現在を停滞させちゃうくらいタチの悪い、他人から見たらバカらしいくらいの、未練の生まれ方の個人的すぎる別れが、過去にあったんじゃないかと思う。要するに、精神的に童貞なんだ。なんていうかこう、ブレイクスルーすべきものを守り続けて大人になっちゃった人みたいだ。そして、過去とは、「今、ここ」という連続する一瞬としての現在において、想像のみによって起動させられるという意味では、フィクションの世界と一寸の差すらもないと言える。だから人は後ろ向きに掃除ばかりしていてはいけないのだ。どんなに辛くても現在という時間と手を結び合える方法を見出して、折り合いをつけていかなきゃいけない。過去にばかり思いを巡らせて、そこに自分を閉じ込めてしまうといつかきっと呼吸ができなくなる。それはある意味では作り物の世界だからだ。だからきっと、楳図かずおは過去という想像の世界に閉じ込めちゃった「あの人」と出会うために、自分もニセモノの、作り物の世界に迷い込まなきゃいけなかったんだと思う。だからこの人は自分のことを妖怪と呼ぶ。楳図かずおと言えば専らホラー漫画家ってイメージだけど、実際の作品を読めばわかる。案外そうでもないんだ。この人の筆圧が異様に強くなるのは、おどろおどろしい画を描く時じゃない。引き裂かれたふたり、もう二度と出会えないはずのふたりを再会させるために、世界を強引に歪めてみせる時だ。そこにどれだけ楳図かずおの個人的な思いがなすり付けられているかなんて知らない。でもこの人は言ってる。ふたりをもう一度出会わせるためなら俺はどんな嘘だってつくって。

スポンサーサイト



02:59 | | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
ロックが正しかったことなんて一度もない | top | のりピー!

コメント

#
コメントってしばらくやんないと、なんかできなくなってくるw

楳 図 ネ申www

とか言ってる幸大を想像してみた。

ダメ、絶対。
by: ま★ | 2009/08/19 11:13 | URL [編集] | page top↑
# ま★へ
ダメ、絶対。ピキキン

ようやく風邪、治り始めてきたー

病院行ったけど、新型じゃなかったよ、

俺・・・・・・笑

by: 幸大 | 2009/08/20 09:42 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/855-7bfbeb6d