FC2ブログ

楽勝で『幽遊白書』超したわ

コンピューターがデータを扱う時の最小単位、「ビット」。
そのビットが表しうる二通りの状態、それが、「0」と「1」だ。

楳図かずおは、その「0」に「ア」をあてて、「1」に「イ」をあてる。
そういうことなんだこの漫画が伝えてることはきっと多分絶対にそうであって欲しい。

コンピューターがあらゆるデータを「0」と「1」で表していくように、
楳図かずおは「ア」と「イ」で世界を描いていく。

わたしは真悟
/ 楳図かずお

わたしは真悟
世界は、僕と君で解ける
 すごい。これが本当に人間の描いたものかと思えるような画が至るところにあった。今の若い世代には、楳図かずおは単なるしょこたんのパーソナル・ゴッドで紅白ボーダー姿の変な人としか映らないだろうが、彼が、本当にペン一本で世界と対峙しようとしている力強い姿勢がヒシヒシと伝わってくる力作にして大傑作。これをリアルタイムで読んでいた世代があったのかと思うと心底羨ましい。楳図かずおという個人のフィルターを通して世界の隅々を見つめたような、ある意味で客観性を欠いた物語(形而上性が強いから仕方ないとはいえ)の世界観は非常に難解でわかりにくい。でも心配しなくていい。鮮やかな理解を得ないまま読み進めてもラストの感動にまったく遜色はない。なぜなら、そこにはどうしても伝えなければいけないものがあるからだ。漫画という形式を拝借し、楳図かずおが自分を絞り抜いて引きずり出した血まみれのメッセージがここにはある。
 男の子と女の子。人間と機械。秩序と混乱。現実と妄想。真実と嘘。この作品からは、そういった様々な対立構造の関係を読み取ることができる。そして、有史以前から現在に至るまで僕たちが一度として解決することのできなかったあらゆる争いは、言うまでもなくすべてこの呆れるほど単純な対立構造を基盤として成り立っている。だから、だからこそ、僕たちはどれだけ世界がひとつに結ばれることを切望しただろう。僕たちは、どれだけ他者への憧れと妬みと好意と嫌悪と幻滅に苦しめられてきただろう。自己と他者は決定的に相容れないのだろうか。機械の角張ったフォルムは、人間の複雑な感情をやはり描き切れないのだろうか。違う。そんな考え方ではいけない。小さなものを、それそのものよりも小さな視点で観察するんだ。最小単位の更にその先のレベルで考察するんだ。想像力の限界を突破しろ。黒と白が交錯するその瞬間には差なんてどこにもない。■で●を描くことは不可能なんかじゃない。想像しろ。それで無理なら今度は大きなものを、それそのものよりも大きな視点で、最大単位の更にその先のレベルで想像するんだ。本作最後のコマには、土星の輪のようにして虹が地球を周回している画が唐突に当てられている。地上から虹を見上げるんじゃない。宇宙から虹と地球の関係性を俯瞰するんだ。そうすればわかる。僕たちはいつだってあの虹の、太陽の、月の、星の真下にいるということが。僕と君という、最小にして最大の他者同士が地球の果てで出会った時に広がる景色がこれだ。本当に難しい作品だけど、わかる。わかるよ。楳図かずおの言ってること。それぞれの「君」に出会いたい僕たちは、冗談よりもバカでかい愛の中にいる。

スポンサーサイト



02:21 | | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
もう十年近くも前の話だ | top | 最近気付いたこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/844-42b29e88