FC2ブログ

嘘つき

テレビを観ていたら、国営漫画喫茶についての議論が白熱していて、
政治家の人が「日本のエンターテインメントを世界に誇って何が悪い?」
と開き直っていて、ああ、だから世界は平和にならないんだとなぜか納得できた。

漫画や映画や音楽は、言うまでもなく素晴らしい。
でも、僕に言わせるなら、そんなものはただの役立たずだ。
漫画や映画や音楽を作る人々?
そんな人々は世界に誇っていいような人間じゃない。
食べ物とか、着る物とか、住むところとか、
そういった、人間が本来必要とするべきものを、
作れなかった人たちなんだ。そういう人たちは。
そういう大切なことを、放棄した人々なんだ。

でも、じゃあ漫画や映画や音楽に確かに宿るあの喜びはいったい何なのか?
それは、そこに「嘘」がある、という喜びだ。

世界にもし100の真実があるとする。
そのうちの99までは、多分、
食べ物とか、着る物とか、住むところとか、
人間が本来必要とすべき「本物」が語り出す真実なんだと思う。
でもそれでは真実という概念は完成しない。
「本物」だけでは完全な真実は完成しない。
なぜなら、その「本物」だけで構築された真実は、
「嘘」の存在を決定的に肯定できないからだ。
そこに「嘘」がある、という真実を、「本物」は許さないからだ。

人間が本来必要とすべき「本物」を作ることを放棄した人々の「嘘」が語り出す、
100のうちの残りの、最後の1の真実。
それは、そんな間違った人間でさえ、「生きている」という真実だ。

だから、国営漫画喫茶を作るということは、
漫画や映画や音楽という決定的な「嘘」を恥ずかしげもなく世界に誇るということは、
その「嘘」を「本物」とはき違えてしまうということは、
漫画や映画や音楽を作る人々への存在否定以外の何物でもない。
「嘘」という間違った存在の否定以外の何物でもない。
漫画や映画や音楽が99の真実に回っちゃいけないんだ。

政治家、「友愛社会」なんか掲げんな。
国営漫画喫茶や友愛社会は99の真実を肯定できても、
最後に残されたたったひとつの真実を肯定できない。
役立たずのロクデナシがそこに存在することを許さない。
真実という概念は、「本物」も「嘘」も両方同時に内包しなきゃ完成し得ないんだ。

国営漫画喫茶がもし完成したら、
歴史はまた、99の真実のみを作り上げて、積み上げられていく。
でもそれじゃあたったひとつだけ欠けてるんだ。
そうやって、少しずつ、世界は間違ってきたんじゃないか。

だから間違ってることを認めろ。
間違ったものに居場所を与えてやれ。
自分なんか信じるな。
間違った自分が、それでも「生きている」ことを認めろ。
漫画や映画や音楽が本当に伝えるべきことは、
それ以上でもそれ以下でもないんだ。

スポンサーサイト



21:20 | 独り言 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
カッチャカッチャ | top | みんな元気

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/828-b9363497