FC2ブログ

反則

前回実家に帰った時に母親が言っていた。

ずっと会社人間だったうちの父親は、
なぜか最近、音楽を、映画を、読書を嗜み、
「味」のわかる男に今更なろうとしているらしい。
なろうと意識して、なろうとしているらしい。

更に、「どうすれば素敵な男になれるのか」、
などと訪ねてきたらしい。
「自分の妻にそんなん訊いてる時点で無理じゃアホ」
と言い返した母親も、かつては「おんなのこ」だった。
・・・・・・今も?

おんなのこの正体
/ 安彦麻理絵

おんなのこの正体
秘密の隠し場所はスカートの中じゃない
 このタイトルを見て、後ろ髪を引かれん男がいたらそんなやつは完全なるモグリである。ズバリ『おんなのこの正体』。こ、これは、男の子が絶対に開けてはならぬ、パンドラの箱……。嗚呼! しかし私、愛の人になるために、この禁断の箱を、今こそ開けまする……なんていう大袈裟な気持ちでドキドキしながらページをめくると、正直なところ、ふーん、なぁんだ、そんなたいそうなもんじゃないやー、という感じ。要するに、女の子は案外顔で男を選んでないし、女の子だってエッチだし、うなだれるなよ男子諸君!ということ。『おんなのこの正体』だなんて危ういタイトルだから、男の子の僕は見ない方が良いのかな……とか買う前にかなり悩んだのに、どの話題も男子をガッチリ射程に捉えてる。というかそもそもこれの連載されてた『CIRCUS』ってめちゃめちゃ男性誌じゃん! しかも30代向けじゃん! 僕の覚悟の時間を返せよ! 綺麗な気持ちを返せよ! てかもしこれに励まされたり頼っちゃったりしたおにーさんがいるならもうその時点で全然ダメだよ……。僕はもちろんそんな下心ありませんでしたけどねー。はっはー!
 とりあえずこれ、女の子の「正体」までは明かされていません。基本ほとんどが夜の営みについてで、女の子が潜在的に秘めている魔性のようなものは、ここでは一切解き明かされません。これは「正体」というよりむしろ「生態」と呼ぶ方が相応しいと思う。『おんなのこの生態』。そんな、ちょっとカブトムシっぽい臭うテーマ全24編(“女の性欲は発酵する”“ココロに男根を持った女”などなど、ひどい……)。だからある意味では安心して読めるけど、だからこそ別に知るべきようなことも皆無。幻想とか持ちたい人は、読まない方が良いかも。そもそも女の子に関することで自明の事実なんていうものはこの世にあり得ないわけで、それをあり得ないと思っている時点で僕はすでにいろいろ騙されちゃってるわけだけど、でも騙されてなんぼでしょう。笑顔の素敵な女の子を見つけましょう。

スポンサーサイト



01:39 | | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
始められる始められる始められる! | top | ロックンロールを信じるな

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/780-b544f74a