FC2ブログ

わー!

わー!
わー!

ゲロゲロプースカ
/ しりあがり寿

しりあがり寿-ゲロゲロプースカ
社会世界みんなファック!僕は君だけを守るヒーローになりたい
 子どもは魔法を使える。水泳が速いあの子。絵が上手いあの子。ピアノが弾けるあの子。ゲームをいっぱい持っているあの子。みんなキラキラ輝いている。ホームランを打った! マラソン大会で一位だ! ポーズをとって「えいっ!」と叫ぶあの子は誰にも負けないヒーローだ。でも大人になるとそんな魔法はすぐに使えなくなってしまう。大人の世界では足が速いだけじゃスターにはなれない。その上手なピアノでお金を稼げる大人だけがスターになることができる。大人の方がいろんなものを持ってるはずなのに? 大人の方が何でもできるはずなのに? 大人は何でもできるその代償として魔法の力を失う。何にもできない子どもの魔法はやはり社会を回さない。世界を作らない。無敵のヒーローに変身したあの子はただの役立たずでしかない。役立たずでしかないのに、しりあがり寿は「ゲロゲロプースカ♪」と歌う。キラキラの純粋魔法を使える大人がいるとすれば、それは結局何も手に入れられなかった、世界に役立たずな大人だけだから。社会にうまく仲間入りできなかったとしても、そこにはきっとお金やセックスでは得られない圧倒的な救済がある。だから大丈夫だってしりあがり寿は歌ってるんだと思う。子どもと老人という本来的には社会構造の外側にいるはずの住人でしか生きることができない、現実世界を反転させたようなこの現実逃避の物語は、でもだからこそ「生きろ」というクソ現実的な最後に収束されなければいけなかったんだと思う。
 だから僕もクソ以下に役立たずな下らない嘘っぱちを物語ろうと思う。もしある日突然悪い奴らが現れて、君がそいつらのアジトに囚われてしまったら、僕は僕と君を救うただそのためだけに僕の魔法のすべてを使う。ゲロゲロプースカゲロプープー♪ 馬鹿みたいな嘘っぱちにだってたったひとつの真実がある。
スポンサーサイト



18:34 | | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
無視してください | top | マディーナ・レイク

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/748-5c9c6f35