FC2ブログ

人生変えた10枚

僕はイギリスのメディアみたいにランキングものが大好きなんです。
今日は僕の人生を変えたベスト10を紹介したいと思います。
実際に人生の何かが変わったかどうかはわかりませんが、変わったと認めても恥ずかしくない作品だということです。

おうてかの人生変えたベスト10!!
第10位
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / The Beatles
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band


僕の人生だけでなく音楽界全体のあり方を変えた作品。アルバム・トータルで聴かせるスケールの大きさによって音楽のアート性を復旧させた作品でもある。「Let It Be」や「Yesterday」のような典型的なビートルズの名曲は収録されてはいないが、ラストには彼らの集大成ともいえる名曲「A Day In The Life」が。

第9位
Get Behind Me Satan / The White Stripes
Get Behind Me Satan


いつかこんな文章を目にした。「ホワイト・ストライプスを聴いてバンドを始めようと思う人間はとんでもない自信過剰か大バカだ」。まさにその通りと思わせるアルバム。ジャック・ホワイトの思考はおそらく頭を開けて見てみてもわからない。音と言葉という最大の表現を使ってもわからないのだから。そして、わからないからこそ人々はこのバンドに魅力を感じる。

第8位
Lifetime / GRAPEVINE
Lifetime


僕は本来この手の頼りない感じのする唱法は苦手だ。ではその難点をカバーし、さらに数多の作品の中からこのアルバムを上位にランクインさせた理由は何かというと、それは圧倒的な楽曲の質の良さ。文学性を感じさせるリリックに親しみやすくも軽くなりすぎないメロディ。少々ラウドなギターは哀愁さえも感じさせる。邦楽に進出したい洋楽リスナーには是非聴いてもらいたい作品。

第7位
恋恋風歌 / つじあやの
恋恋風歌 (CCCD)


つじあやのが特別革新的だとか必殺的な名曲が収録されているとかそういうことではない。ただ頭の中に存在する独自の世界観を別次元で的確に具現化するということにおいて、この作品の右に出るものはそうないと思う。彼女はそれを自然体でいとも簡単にこなしてしまう。どの曲から聴いてもすぐに彼女の世界に取り込まれそうになるのは何より彼女の才能の証だといえる。

第6位
Confield / Autechre
Confield


おそらく多くの人にとって効果音程度にしか聴こえないこのエレクトロニックなサウンドは、理性を失わせるほど冷酷で刺々しいオウテカ独自の方法論によって導き出されたもの。現代音楽界の鬼才トム・ヨークにも強い影響を与えたその方法論はこの作品でより確実で普遍的なものであることを証明された。思うに、オウテカ自身に理性がないのだろう。だからここまで冷たくなれる。



第5位から第1位はまた明日!
レポートやらの課題が溜まっちゃってるので!
では今から課題に取り掛かります。
また明日!
スポンサーサイト



23:18 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
続き… | top | 77の質問。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/69-4967c020