FC2ブログ

マーチ・オン

マーチング・バンド
クリエイティヴな夜を過ごすあなたのために、
昨日も今日も、写真とレヴューだけで。

記事タイトルはグッド・シャーロット『グッド・モーニング・リヴァイヴァル』から。
全然関係ないけど。

Spark Large
/ Marching Band

Marching Band-Spark Change
ほら、あなたの町にもマーチング・バンドがやってくる
 バンドの名前マーチング・バンドなのに、だだっ広い草原に二人でポツン。この写真にえらく惹かれて購入を決めた一枚。当然パッパラ賑やかな行進曲なんてできるわけなくて、USインディに分類できそうなカラフルでアコースティックなインディ・ポップ。“メイク・ノー・プランズ”という曲が好き。「今夜君に電話をかけるけど、明日の予定は立てないでおこう」と歌う思わせぶりな歌。決して前のめりにならないこの絶妙な感じがマーチング・バンドの一番の魅力だと思う。草原でのツーショット写真にしても歌詞にしても、共通しているのはそこに不思議な「余白」が用意されているということだ。すべてを埋め尽くすのではなく、端っこには何も提示されていないんだけどそこにはきっと特別な何かがある、と猛烈に想像力を刺激する意味深な空間としての余白。その割にジャケットは結構ゴチャゴチャしてるし二人でほとんどの楽器演奏したにしては多彩な音が鳴ってたりしていてあからさまなほどにカラフルなポップなのだが、彼ら自身のテンションは決して昂ぶったところを見せることなくあくまで平熱でやっているのだ。歌詞も取り留めのないものばかり。ポップは「あっちの世界」なんかじゃなくてこんなにすぐそばにだってあるんだと教えてくれる良いアルバムだ。プロデューサーがクラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー!のファーストを手掛けた人物だというのもなんとなくわかる気がする。
 順序がおかしくなっちゃったけど、ちなみにこのマーチング・バンドというバンドはUSでもUKでもなくスウェーデンのバンドで、彼らにとっては本作が初めてのフル・アルバム。日本ではスウェーデンといえばなんだかんだでやっぱりカーディガンズだと思うのだが、そういえば彼らのポップネスも過剰なものじゃなくて平熱で坦々としたものだったな、なんて思ったりしました。
スポンサーサイト



02:10 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
おはようございます | top | ショック・ホラー!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/673-a85fcbea