FC2ブログ

マジック・ウィズアウト

うさぎ
08年振り返り中。
ライトスピード・チャンピオンが各誌でどれくらいの順位に割り込むかが気になる。
ひと目見ただけでもわかるとおり、相当にアクの強い作品。
個人的にはかなりのツボだったが。

ウサギを抱えてるつながりということで、YUKIの『長い夢』と一緒に。
性別も肌の色も作風も全然違うが、
見れば見るほどこの二人は似てる。
コンプレックスのかたまりじゃないか。
青赤黒の色だけは一緒だ。

今日のCDレヴューはライトスピード・チャンピオンこと
デヴォンテ・ハインズが在籍していたバンドのアルバム。
早すぎた伝説、テスト・アイシクルズ。

For Screening Purposes Only
/ Test Icicles

Test Icicles-For Screening Purposes Only
紀元前の神話
 「三回ショウを開いたら解散する」というメンバー同士の口約束から04年に始まったバンド、それがテスト・アイシクルズだ。熱烈な支持を受け実際には三回以上ショウを開いているが、まるで置き土産だとでも言うかのようにこのたった一枚のオリジナル・アルバムを残して06年には早々と解散してしまった。それぞれが非常に多彩な音楽的バックグラウンドを持つローリー、サム、デヴの三人組から成るテスト・アイシクルズのサウンドを一言で説明するのは難しい。スレイヤーやらビースティーズやらブロック・パーティーやら時にはバステッドの名前まで引き合いに出されるバンド・サウンドと言えばその尋常じゃないカオティックぶりがわかっていただけるだろうか。一寸先も予測不能なジェットコースター・エンジン搭載で四方八方に眩いプラスチック光線を撒き散らしながら光年を一瞬で駆け抜ける圧倒的なスピード・オブ・サウンド。そう、僕たちはこれを後に「ニュー・レイヴ」と呼ぶことになる。この無形のカオスを「ニュー・レイヴ」として正式に定義し有史のものとしたのがクラクソンズだったわけだが、そもそもの走りはテスト・アイシクルズだったことがこのアルバムを聴けば一発でわかる。自分たちの聴いてきたすべての音楽を片っ端からぶち込んで作られたという本作はしかし、ただの趣味のごった煮アルバムではない。その根底には「面白いものはどっからだって出てくる」という後のニュー・レイヴ思想(ハドーケン!なんて特にそう)の原型を形作ったロックの正しさと本当の自由がある。デヴは今年ライトスピード・チャンピオンとしてソロで新作を発表したが、そこで彼が柔らかいフォーク・ソングに乗せて童貞喪失なんて歌っていたのもその思想があってのことだろう。刹那にすべてを詰め込み大輪の花火のように散ったテスト・アイシクルズ。ニュー・レイヴが憧れた理想郷はその有史以前にあった。
スポンサーサイト



13:12 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
風に語りて | top | 深読み

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/575-e45189dc