FC2ブログ

奇跡の歌声

だフィー
ショウビズ系の番組では日本でも結構プッシュされてるUKからの新人、ダフィー。
今初めてちゃんと聴いているのだけど、歌詞カードを見るのを放棄してしまった。
声に、耳を傾けたい。
凍てついた心をじわじわと溶かすような、
ゴチャゴチャした頭の中を静かに浄化するような、
時を止めるような、空間をそこにギュッと圧縮するような、
奇跡の歌声は、ある。

日本では、徳永英明とか平井堅みたいな
「美声」系の歌声がそのまま「歌唱力」として捉えられやすい。
あとはEXILEのATSUSHIみたいなギャップ系か。
アメリカでは、広大な土地柄のせいかどうかは知らないが、
マライア・キャリーみたいな
ダイナミックさで圧倒させるような力強い歌声が、「歌唱力」になる。
イギリスの「歌唱力」は、かなり奥が深いような印象がある。
それを一言で表すなら、まさに「ソウル」だ。
僕は、イギリス派だな、と思う。
いや、もちろん僕の歌声が、ではなくて。

エイミー・ワインハウス、アデル、そしてこのダフィー。
みんな、素晴らしくソウルフルな歌声の持ち主だ。
立て続けにこんなにレベルの高い歌手が
イギリスから次々と現れてくるなんて、僕は少し戸惑っている。
そして、なんでみんな日本では盛り上がらないんだろう。
この歌声は、本当にすごいのに。
決してパーフェクトな歌声ではない。
乱れがある。魂が震えるような、綻びがある。
そう、これが歌唱力なんだ。
言葉の意味すらも無効化する説得力。
それは、魂の擦り付けられた歌声だけが持つ、奇跡だ。

とかなんとか言いながら、
CDレヴューは歌声なんてまったく関係のないワン・デイ・アズ・ア・ライオン。
こちらはザックの声が聴けることが、そしてセオドアのドラムが、すごい。
演奏の主導権を握っているのは完全にセオドアのドラムだ。
それぐらいシンプルに削ぎ落とされてる。
余計なものは何もない。
なぜなら最も優先すべきはザックの言葉だからだ。

One Day As A Lion
/ One Day As A Lion

One Day As A Lion-One Day As A Lion
獅子は放たれた
 「機械に対する怒り」を封印した後も音楽活動は続けてきたものの、新しく、明確なステートメントをなかなか発信せずにいたザック・デ・ラ・ロッチャ。昨年再結成を果たしたレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンからも、未だ新しい声明は届いていない。ある意味そんな「眠れる獅子」と化していた彼から、本当に久しぶりの肉声が届いた。元マーズ・ヴォルタの天才ドラマー、ジョン・セオドアとの、嘘みたいな、夢みたいな新プロジェクトによるミニ・アルバムである。レイジ解散以来、実に八年越しの「今」の言葉による明確な意思表明となる作品である。しかし、ザックのラップ・スタイルは、八年という不在がまるで最初からなかったものだったかのように、なーんも変わっていない。もちろん成長していないという意味ではなくて、正確に言うなら、ザックは未だにこれにこだわっている。例えばレイジの一員としてのザックにとって、ラップ・メタルというものがただの音楽スタイルのひとつに過ぎないとすれば、レイジの音楽性はもっと大胆に振れ幅を広げることができただろう。それなのにザックがラップ・メタルにこだわり続けたのは、トム・モレロの独創的なギター・スタイルの存在と、彼が「歌う」という意味こそが、レイジというバンドの必然だったからだ。ザックにとって「歌う」という行為の最も根本的な動機は、言うまでもなく「主張」である。思いを正確に主張できなければ、彼の中に渦巻く灼熱の怒りは、説得力もリアリティもその熱ささえも失ってしまう。だからこそ、ザックにはラップという膨大な言葉と情報を駆使するハイレベルな言語能力が必要だった。それが、やはり変わっていないのだ。セオドアのドラムは今のザックにとってトム・モレロのギターにもかわる、自己を闘争のど真ん中へと放つゲリラ戦車なのだろう。ザックは、終わりの見えなかったかつての闘争の果てしなさを、その変わらない言語スタイルと鋭い言葉によって、再び引き受ける決意を表明した。マイクを固く握り締め、世界に拳を突きつけるロックは、やはり今というこの時代の必然でもあるからだ。世界よ、今こそお前の敵を知れ。
スポンサーサイト



01:10 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
ポニョっとしてるから | top | Singing in the Rain

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/489-a09faa83