FC2ブログ

ロックンロール・ライズ

razor.jpg
シャッフルで聴いていたら突然“ゴールデン・タッチ”が流れてきたので
レイザーライトのアルバムを取り出してみる。
明日はテストがふたつあるのだけど、勉強に全然集中できない。
でも、別にそれでも良いと思っている。今は。
テスト前日は、今までどれだけ授業を適当に受けてきていようが、
まったく勉強していない状態であろうが、
不思議と「いや、これは案外いけるんじゃないか」という
テスト前日の危ない自分を肯定してしまう不思議なエネルギーがどこからか沸いてくる。
そしてろくに勉強もしないで床につき、
次の日、目覚めた瞬間から後悔が始まる。
あんなことをしている場合ではなかった、と。
明日の自分の姿が読めすぎて怖い。

Up All Night
/ Razorlight

Up All Night
UKロックかくありなん
 オアシスのノエル・ギャラガーにライブ・パフォーマンスを誉められた時、ジョニー・ボーレルは恐縮するでもなく、照れるでもなく、「あんたに誉めてもらおうとは思ってないんだ。ただひとつ聞きたい。ネブワースではどう仕切れば良い?」と言い放った。こんなロケンローな話はないよな。大先輩にこんな大口を叩いてしまうほど、レイザーライトの勢いはデビュー当時からすごかった。キャリアの凄まじい隆盛そのものに強烈な魅力を感じる、そういうタイプのスタートの切り方だった。とにかくイギリスで売れまくった彼らのデビュー・アルバム。04年から本格化したUKギター・ロック復権現象をひとつに繋いでいたのは、フランツのファーストでもカサビアンのファーストでもなく、このアルバムだったと思っているし、それがシーンとしても一番健全な在り方だと考えている。
 レイザーライトのロックにはフランツのアート性もカサビアンのスリリングな中毒性もない。ただ、“リーヴ・ミー・アローン”の最初のギター・リフ四小節が鳴り響いた瞬間、“ダルストン”のサビ部分で性急性を増す演奏をバックに「僕のところに帰っておいで」と叫ぶジョニー・ボーレルのあの荒々しい歌声が耳朶を打ちつけた瞬間、足すことも引くこともできないほどシンプルにも関わらずそのメロディの良さのみで僕たちを黙らせてしまう名曲“ゴールデン・タッチ”を知ってしまった瞬間――。その一秒一秒の瞬間に僕たちが感じてしまうこのどうしようもない高揚感の正体は、キンクスやフーが登場したあの時代から絶えることなく脈々と受け継がれてきた英国が誇る紛れもない王道のロックンロールである。フランツもカサビアンも良いけど、これを鳴らせなくなったらイギリスのロックは完全に腐敗する。大飛躍のセカンドを発表した今も、レイザーライトがやっているのはそういうロックだ。このままどんどん突き進んでいって欲しい。
スポンサーサイト



01:11 | 音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
お昼ですね | top | ポップへの信頼

コメント

#
時間だけ

過ぎていきます

テスト前。

5・7・5♪

どうも(^^)
最近ようやく友達にVIVA LA VIDAを借りて聴いております。
テストなんて。。。と存分に思わせてくれる楽曲たちです。

それと、全然関係ない話ですが、最近答えの無いことを考えるのがしんどいです。
めんどくさい~~~

法律むずかしい(++;)

わたしはこっち派だ!と言える人間にはなれない私はもっとしっかりしなくてはね・・・

喝!!!
by: ま☆ | 2008/07/26 12:12 | URL [編集] | page top↑
# ま☆へ
575考えたけどなんかパッとしなかったからやめた笑

小学校の時の課題で

ああ寒い
ああ寒すぎる
寒すぎる

という575を書いたら先生に怒られました笑

コールドプレイから何か見つけられたら良いね。
ま☆なら何か見つけるでしょう。

学び舎法学部の男子軍団と話したらなんか自分の意見ができてきそう。
彼らは論議・論破が大好きやからね笑
まぁ言い合ったら俺も負けんけど。

ポニョ良いなぁ~!
俺も観に行く予定です!
by: 幸大 | 2008/07/27 01:13 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/413-21d39f2e