スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

幽遊白書名言集 そのいち

戸愚呂兄 「くそォォ なぜだァア なぜくたばらねぇ~~~~」
蔵馬    「邪念樹はエサが死ぬまで離さない
        しかし再生を続ける戸愚呂は死ぬことさえできない
        永遠にオレの幻影と戦い続けるがいい」
くらま

僕の少年期の人格形成に多大なる影響を与えた傑作漫画、『幽遊白書』。
15巻の最後で繰り広げられる戸愚呂兄との苛烈な戦いに
余りにも鮮やかに勝利した蔵馬が最後に言い放ったセリフは、かっこよすぎた。

幽遊白書には、やたらと名言が多い。
その名言はいったいどこから飛び出してくるのか。
もとを辿れば、それは作者である冨樫義博の、
幽遊白書にかけるロマンに行き着くような気がする。
そう、幽遊白書はただの漫画ではない。
ひとりの男の、ありったけのロマンがギュウギュウに詰まった、
夢のような漫画なのである。
面白い漫画を描こうとしているだけじゃ絶対に生まれない名言・名シーンが、
幽遊白書には溢れているのだ。
それは、キャラクターひとりひとりの圧倒的な存在感にも繋がっている気がする。
幽遊白書の余白には、いたるところに冨樫義博のどうでもいい落書きがある。
でも、それを見るたびに、僕は彼の幽遊白書に対する思い入れの強さというか、
強烈な愛情に、なんだか熱くなるものを感じてしまう。
面白い漫画は、文字通り山ほどある。
でも、幽遊白書ほど作者の思いの丈がそのまま描き尽くされた作品を、僕は知らない。
今回のはあくまでも「そのいち」である。
次は絶対に飛影だ。

今日はひょんなことからゼミでセーラームーンの話題で盛り上がった。
セーラームーンの作者の旦那は、冨樫義博ですよね。
僕は幽遊白書が大好きで、姉はセーラームーンが大好きだった。
姉がセーラームーンをテレビで観ている横で、
僕はなんだか照れ臭い気持ちもあって、違う方を見ながら、
それでもチラチラとテレビ画面に視線を向けていた。
セーラーマーズこと火野レイに、密やかな恋心を抱いていた幼い頃を思い出す。
大抵の人は亜美チャンかヴィーナスが良いと言っていたが、
断然マーズである。火野レイである。
あの腰までまっすぐに伸びた艶やかな黒髪が目に入らないのだろうか。
言っておくが、僕は、本気で萌えていたのだ。

今日はロックもクソもない。
ただの気持ち悪いファンと化して、好き勝手やってやる。
と思っていたけど、今日もCDレヴュー。
しかも今日はローリング・ストーンズの作品。
幽遊白書、セーラームーン、そしてローリング・ストーンズ。
自分でもわけがわからない。
とにかく、最後はイッツ・オンリー・ロックンロールに終わるのだ。
夜中にブログなんて書くもんじゃないね。
めちゃくちゃである。
でもレヴューは真面目に書きます。

Out Of Our Heads
/ The Rolling Stones

ストーンズ

ロックンロールは永久に不滅だ
 ストーンズが初めて全米で1位を獲得した記念碑的アルバム。アメリカでの成功の理由としては、今や日本でもロックンロールのひとつのスタンダードとして認知されている“サティスファクション”の存在が大きい。シングルとしても全米1位に輝いている。「満足なんてできやしない」というシンプルすぎる言葉だが、だからこそ一撃で若者の心を鷲づかみにしてみせたこの曲。これほど多くのロックンロール・ファンに愛され、多くの同業者の手によってカバーされてきた曲はない。バンド結成当初からブライアン・ジョーンズのヴィジョンとしてあった「白人に本物のブルースを見せる」というバンドの基本的な指針の向きを大きく変え、ストーンズとしてのオリジナルなロックンロール・ナンバーの端緒を開いた一曲でもある。
 全然関係ない話で申し訳ないが、YUKIもライブでこの曲の有名なフレーズを歌うのが好きだよな。“WAGON”のアウトロ部分で絶対に歌ってる。“WAGON”のもともとの曲調のせいでYUKIの場合は「あたしゃ満足なんてできないわよー!」的な微笑ましいノリになっているのがおかしいけど、YUKIほどの言語アーティストが何も考えずに口にできるフレーズじゃないよな。アイ・キャント・ゲット・ノー・サティスファクション。俺は、まだ満足なんかしていない。これは、ロックンロールの基本原理に渦巻く最も根本的な怒りである。たらふく食い散らかして嬉しそうに腹をさすっているロックなんて、誰の心も動かせやしない。世界はおろか自分の人生にすら、誰ひとり満足なんかしちゃいない。だからこそ、ストーンズが歌ったロックンロールの魂は今も僕たちの心の奥底で、静かに、でも熱く燃え続けているのだ。
スポンサーサイト
02:40 | 独り言 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
幽遊白書名言集 そのに | top | 今月のLP 7月

コメント

#
いーや。

木野まこと、ことセーラージュピターがいい!!!

当時は憧れてましたw

飛影も、かっこいい!!!
by: ま☆ | 2008/07/09 01:20 | URL [編集] | page top↑
# ま☆へ
あぁ~ジュピターは確かに良いね。

でもちょっと、
「木野まこと、ことセーラージュピター」
だったらセーラージュピターが本名で、
木野まことが通称みたいになってる!笑
「畑正憲ことムツゴロウさん」みたいになってるで笑

飛影の名言、アップしてみました。
by: 幸大 | 2008/07/09 02:08 | URL [編集] | page top↑
# 両方好きです☆
私は女ですが、マーズ大好きでした。
あの艶やかな黒髪、そして御札をつかうところにメロメロでして・・・・
あと、幽遊白書も大好きですね。今でもです。
台詞も名ゼリフ多すぎでしたし、絵がかっこよすぎましたね。愛読書です。アニメも。
またセーラームーン観ようかなあ・・・
まあ私、今中学生なので、学校ではどちらも話題にできないんですけどね(苦笑)。
またブログ見ますので。コメします!
by: みく | 2011/06/22 17:47 | URL [編集] | page top↑
# みくさんへ
初めまして、コメントありがとうございます。
返事が遅くなって申し訳ありません。

……いやぁ!わかってらっしゃる!
そう、あの艶やか黒髪、たまりませんよね。
しかし御礼をつかうところにメロメロって……マニアックな愛し方ですねw
幽遊白書はキャラが本当にいいですよね、
名言と言えば、トグロ弟の「レヴェルが違う」発言もいいですね、
レヴェル……

僕の場合は、いかんせん友だちが少ないものでw
コメントありがたかったです、機会があれば、また。
by: 幸大 | 2011/06/29 14:41 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/395-6790988e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。