FC2ブログ

Get Through It

ゼミの宿題が一向にはかどらない。
全然集中しないで、音楽ばかり聴いてしまっている。
向こうのお国の人の詩を訳してきて、
ゼミ生みんなに解説しないといけないのだけど、
これが全っ然おもしろくないのです。
極端なことを言ってしまえば、翻訳なんてできなくてもいいのだ。
そんなことは僕にはどうでもいい。
すでに翻訳された詩を読んで中身について考えるほうが、よっぽどおもしろい。
でもまがいなりにも英語専攻なのだし、
そういうわけにはいかないんだろうな。
英語を勉強するなんて大嫌いだ。
翻訳するのが目的なら詩なんて読みたくない。
アホらしい。やってられない。

大学三年になって、これまでになく自分の将来に不安感を抱いている。
これまでは、大学三年生になるだなんてことすら想像できなかったのだ。
それがもう二年もしないうちには卒業である。
大学卒業なんて、そんな日は永遠に来ないような気さえしていた。
でも数えてみたらあっという間である。

ただ、大人の社会に仲間入りなんてしたくない、
というネガティヴな気持ちは、不思議と自分の中にはない。
僕の心の中にたたずんでいるのは、もっとポジティヴな意志である。
何年かかってもいい。
学生という安全圏から放たれても、
強烈な意志さえあればやっていけるさ。
楽観的になってるだけ、ではないと思いたい。
自分がまだまだ修行足らずなのはわかっている。
絶望的なまでにダメダメなのはわかっている。
ただ僕は、そんなところでいちいち立ち止まって、
クヨクヨと落ち込んでいるわけにはいかないのだ。
僕は、自分自身についてすら何ひとつ満足できていない。
でも、そんなことはもはや大前提である。
そんなことは、生まれたときからわかっている。
目指す自分に少しでも近づくことである。
俺は、絶対に負けない。


ザ・ミュージックの最新作。
真面目さ故の4年という長きにわたったブランクを、見事に埋めてくれる傑作。

Strength In Numbers
/ The Music

STRENGTH IN NUMBERS


苦難と葛藤を乗り越えて鳴り響いた「音楽」
 僕はザ・ミュージックの作品の中で何が一番好きかと聞かれたら迷わずセカンド・アルバムの『ウェルカム・トゥ・ザ・ノース』だと答える。要は変わり者なのだが、どうしてあのセカンドはこんなにも評価が低いのだろうか。ザ・ミュージックの本質はといえば、やはりあの真っ暗闇の中で生命が激しくうごめくような危ないグルーヴに他ならない。そのインパクトが最も強く感じられるのがファースト・アルバム『ザ・ミュージック』である。しかし、デビュー期の彼らは、実は自分たちの音楽の本方論に対して全くと言って良いほど無自覚で、でもだからこそ『ザ・ミュージック』のグルーヴは正体不明ながらも刺激的かつ魅力的だった。ファーストの成功は言うまでもなくレーベルからバンドへの圧力を増大させ、セカンドではファーストのインパクトを半ば強制的に、そして短期間で再現することを強いられたわけだ。つまり、作品が出来上がるプロセスそのものが極めて不自然であって、彼らはセカンドで本質的な進歩を示すことができなかった。だからあのアルバムは完全な失敗作だったのかというと、絶対に違うと思う。あのアルバムは、ザ・ミュージックという無自覚なバンドの、ピュアネスの結晶である。大人の世界の常識に巻き込まれながらも必死に守り抜こうとした「何か」が、「葛藤」として揺られながらもあのアルバムにひとつの筋を通していた。この最新作を聴いた今も、僕はあのアルバムが一番好きだ。
 そのセカンドから実に4年ぶりとなるサード・アルバムが本作。あちこちで言われているから僕なんかがいちいち言うのもめんどくさいけど、彼らが自分たちの音楽の在り方について初めて自覚的になれた作品である。細部のアレンジにまで意匠をこらして、自分たちがかつて無意識のうちに生み出したあのグルーヴを今度は意識的に再現しようとしている。自問と検証を何度も重ねてコツコツと自分たちを高めてきたんだなあという感じがして、相変わらずの誠実な連中だと安心した。その誠実さが、僕の好きなセカンドのピュアさなのだ。話がセカンドに戻ってしまいそうだが、冷静に自分たちの「音楽」の正体と向き合い新たなる一歩を踏み出した作品として、本作も高く評価している。


スポンサーサイト



15:41 | 独り言 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
コールドプレイ耐久 | top | 終わらない映画

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/372-cace8aa3