FC2ブログ

ポリリズム

もうあと一週間もすれば五月。早いですね。
うちのサークルにも少しずつ新入部員が入ってきています。
昨日も一人増えて、来週にもまた一人増えるみたい。
弱小だけど絶対に良いサークルだから、どんどん増えて欲しいな。
いつまでたっても自己紹介のうまくならない学び舎んずが大好きです。

と、もう書くことがなくて明らかに困っているのだけど、
そうなったらハト日記です。
卵が孵化した時からクークスの姿は一度も見てないし、
最近はカーテン開けて覗いてみてもポッピーの姿がない時が多いし、
それにヒナたちが前より弱っているような気がする。
なんだかベランダの一角に以前の活気がないような気がする。
ヒナたちは大丈夫なんだろうか。
ハトのヒナを見るのは初めてだけど、こんなに静かなヒナで良いのかな。
ハトが「ピヨピヨ」鳴いてるのも変だけど、もうちょっと騒いでも良いんじゃないか。
僕はどうすれば良いんだろう。
僕には見守ることしかできない。
このアルバムの音を聴いて、少しはヒナらしい元気さを出してくれないだろうか。

GAME
/ Perfume

GAME(DVD付) 【初回限定盤】


「何も背負わない」という美学
 堂本剛が嫌いだ。彼が専門用語を並べてレコーディングの苦労を語る時が一番嫌いだ。所詮一リスナーでしかない僕よりはそりゃあ音楽のシステマチックな部分には精通しているだろう。音楽を「わかっている」ような顔をしていつも語っているが、それではあなたの表現の中身とはいったい何なのか。奇抜な髪型とファッションに身を包んでなんだかミステリアスな曲を歌っているが、あれはいったい何なのか。堂本剛のファンも同じくらい嫌いだ。「なんとなく」不思議な雰囲気に身を沈めて気持ち良くなるのは勝手だが、レヴューを読んでみても理解する方だって結局は「なんとなく」じゃないか。いったい奴らは何を勘違いしているのか。
 その点、「何も考えないで歌ってるだけ」「アイドルでもアーティストでもどっちでも良い」と聞いてるこっちが申し訳なくなるぐらいバカ正直に答えるPerfumeは誠実である。テレビに出演した時も、熱狂するファンの前でマイペースにはしゃぐ彼女たちのノリは、まるで学芸会でも見ているようだった。そして、彼女たちは極めてわかりやすくどうでも良いことを歌っている。要は楽しく踊れればみんなハッピー!というわけである。そして、そこの部分にかけては一義に及ばず満点の作品である。そこだけを絶対無比の美学にして立ち上がる作品である。楽曲担当、ダンス担当、アートワーク担当、と3人のクリエイターが一貫して「Perfume」という世界を作り上げていることに加えて、その世界にちょこんと乗っかって歌っている本人たちに何かを背負う意志がエグイぐらい欠けていることが、この作品をまったく綻びのないキラッキラに楽しいアルバムへと引き上げている。そもそも、インディ時代に発表した地元・広島限定の楽曲タイトルが“OMAJINAI★ペロリ”に“彼氏募集中”である。この時点でもうすでにタダ者じゃあない。自分たちが何ひとつ「わかっていない」ことを自覚している分、Perfumeの作品はそうそう簡単にブレはしないだろう。笑いこける大器、Perfumeの最新作である。
スポンサーサイト



16:20 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
アミラーゼ | top | この映画を観ろ

コメント

#
昨日このひとたち、TVに出てたの見ました~~~w

ずば抜けたひとたちだと。

計算されたようなされてないような、そんなのはむしろどっちでもいいような無邪気さやねw
by: まほし☆ | 2008/04/27 02:01 | URL [編集] | page top↑
#
まぁ完全にスタッフの力の勝利やね!
ほんで、そう言われたら多分この三人はなんの躊躇もなく認めるような気がする笑
自分たちはすごくないでっすよ、て
とんだ大物やね。

まほがヨシミについて書いてるの見たよ笑
by: 幸大 | 2008/04/27 11:20 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/345-1b368631