FC2ブログ

ありがと

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命
/ 銀杏BOYZ

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命



目的はあの娘、理由は青春
 友達にYUKIが参加してるよと言われてとりあえず聴いてみたんですけど、“青春時代”を聴くまでGOING STEADYの後身バンドだということに気が付きませんでした。すいません……。ところで、GOING STEADYといえば“童貞ソー・ヤング”なる確信犯的に青春のタブーの領域に入り込んだ「やっちゃった」ソングがありましたが、うまく言えないけど、すごい曲でしたね。「童貞万歳!」と日本中の男みんなで叫ぶ連帯感と言ってもタブーの領域にズカズカ踏み込むスリルと言っても、あの曲に覚えた異常なまでの興奮にはまだまだ足りないような気がします。一番近いのは、腹の底のほうから突き上げてくる欲求を「~したい!」と丸裸な言葉で吐きだせるバカ正直さですかね。世界はいつだってそんな連中には冷たいです。でも、GOING STEADYは嘘をつかなかった。そこが滅茶苦茶気持ちよかったし、とにかくリアルだったんだと思います。それでも少し足りないかな。やっぱりよくわかりません。
 GOING STEADY期からメンバーが1人入れ替わり、名前も銀杏BOYZに変わりましたが根本的な部分は何ひとつ変わっていません。実際、このアルバム収録曲の約半分はGOING STEADY期の楽曲です。この人たちのキモは、やっぱり相変わらずです。生理的に受け入れられない人も少なくないかもしれませんが、彼らの青春期の思いの生々しすぎる独白には共感を超えた強い繋がりを感じてしまうし、全世界を敵に回しても「大好きなあの娘」がいる「今、ここ」で立ち上がろうとするむせ返るほどの熱量とテンションは、本当にすごい。青春という誰にとってもわけのわからん希望と絶望と妄想と、それら全てをひとつの音塊にして、更に「わけわかんねーけど、あの娘のことが大好きで大好きで仕方がねー!」とわめき散らす姿は、ミスチルの桜井さんでもラルクのhydeさんでもない、ただひとつのわけのわからんロック・スター像なんだと思います。「あの娘」のためにわけわからんことができる。それが彼らの優しさなんだと思います。
 最後に、YUKIが参加した“駆け抜けて性春”はとてもとても素晴らしい楽曲です。タイトルには苦笑ですが、彼らは大真面目です。ミネタとYUKIの、歌詞カードではたった8行しかない短すぎるダイアローグには、自分の青春の全てをここに掻き集めて一気に駆け抜けたくなるほど、真実を感じました。
スポンサーサイト



02:26 | 音楽 | comments (1) | trackbacks (0) | page top↑
線で繋いで | top | もう

コメント

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2007/11/30 02:38 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/279-f406bb3a