FC2ブログ

ディープ・インパクト

良い音楽ブログはないもんかと前からいろいろ探してはいたんですけど、
どれもこれもYouTubeの動画を貼り付けてるだけだったり
マニアックな知識をひけらかすだけだったり、
書いてる人のロック理論が伝わってくる良いページは本当にないです。
でも、訪問履歴から見つけました。

本当に良いページ。
できればリンクに加えたいけど、お願いするのはなんだか恥ずかしいから、
コソコソ見に行くことにします。
ライブもよく行ってるみたいだし、
僕の聴いたことのないバンドもいっぱい聴いてるみたいだし、
ちょっと悔しいけど、そのぶんレヴューは物凄い参考になります。
載ってあるレヴューは全部読みました。
カイザー・チーフスとかレディヘに関してはずいぶん理解が違うみたいだけど、
安室奈美恵とかファウンテインズなんかはかなり頷けた。
書いてる人の音楽の聴き方がよく理解できた。

ロックを聴く上で一番大切なのは、知識ではなくて感じ方だと思う。
「良い/悪い」「かっこいい/かっこ悪い」「面白い/面白くない」……
価値基準の設定をそのレベルで止めちゃだめだと思う。
屁理屈とよく言われるけど、素敵でなきゃいけない作品を感じられなきゃダメだ。
音楽は結局自分の耳でしか聴けないから、好みは当然大切だけど、
でもそれよりもっと深い部分で意味づけができたら、世界は一気に広がると思う。

これは少し前にある人に熱弁したことだけど、
日本ではかなり人気度の高いブラック・アイド・ピーズが歌うことには、
「ボーダレスの象徴」としての意味がある。
人種も性別もまったく違うメンバーが集まって、
ヒップ・ホップもロックもあらゆる音楽をぶち込んで、
更にスティングからジャック・ジョンソンまで各界の大物をゲストに迎えて、
最後には自分たちの音楽として鳴らしちゃう。
すべてを受け入れる器をあのグループは持ってる。
それを「統合/団結」を意味する“Union”という言葉で歌ったっていうのは、
ものすごく象徴的なできごとで、これは素敵でなきゃいけなんだ。
そうじゃなきゃブラック・アイド・ピーズというグループがいる意味がなくなっちゃう。
メンバーはみんなお洒落さんだしファーギーは確かにかっこいいけど、
そういう表面的な魅力よりももっと深い部分にも耳を傾ければ、
自分の中でロックの意味は変わる。

僕が見つけた良いブログを書いてる人の聴き方は多分そんな感じだと思う。
その人の考え方が僕の考えと合うかはどうでもよくて、
その人にとっての「ロックの意味」を探ることがおもしろい。
これからよく見に行くことにします。


今日紹介するのは、そのブログでは結構酷評だった作品。
僕は好きな作品だけど、それでも確かに妥協点はあります。

Make Believe
/Weezer

メイク・ビリーヴ



これが大人になるってことなのかな
 リヴァース・クオモは自分だ。大好きなのに決して手の届かない女の子へのどうしようもない思いも妄想も絶望も、リヴァースが自分の代わりにどうしようもないロックにしてぶちまけてくれる。リヴァースのリリックの中にうずくまっている悶々としたダメ男は間違いなく自分自身だったし、そこに感じる鏡を無理やり差し出された時のような小っ恥ずかしさはモテない男の実感からくる共感以外の何物でもなかった。だから、僕は『ブルー・アルバム』と『ピンカートン』が大好きだった。特に『ブルー・アルバム』は傑作中の傑作だった。僕がロックに心底共感した経験は結局これまであの1枚だけだったかもしれない。ひとつも足すことも引くこともできない正真正銘の自分が、あのアルバムにはいた。
 でも、『グリーン・アルバム』と『マラドロワ』の2枚からはどうしてもコマーシャルな匂いが立ち上ってくるような気がして、あんまり好きになれなかった。ウィーザーという鏡にはもう自分は映らなくなっていた。このアルバムにも、もはやかつてのようなどうしようもない気持ちを救うための身を切りつけるような切実さはない。でも、“ビバリー・ヒルズ”“パーフェクト・シチュエーション”“ピース”“ウィ・アー・オール・オン・ドラッグス”“パードン・ミー”……と挙げ始めたらキリがないグッド・ミュージックの数々が集結したこのアルバムで、ウィーザーは『グリーン・アルバム』も『マラドロワ』も完全に飛び超えて、コマーシャルの「向こう側」へと足を踏み入れた。そこにはこれまでと違う「何か」が待っている気がする。このアルバムの開かれ方は尋常ではないし、かつてのあんな夢や日の光が眩しいあんな島への臆病な逃避もない。激情もストーリーも無きロックの世界。でもクオリティは息を呑むほどに圧倒的。例えば日本では、YUKIがまったく同じ道を歩んでいるんだと個人的には思う。だからこそ僕は結局ウィーザーに対しても、ファースト・アルバムへの思いをいつまでも引きずっているのだけれど。


Weezer-Beverly Hills

スポンサーサイト



10:16 | 音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
もう | top | ひどい

コメント

#
初めまして、fafnirと申します。あれ?もしかしてこれは自分のこと?と思って書いています。間違ってたらすいません(笑)

まぁ真偽は置いておいて。自分はこのブログ面白いと思って前から見てました。自分も音楽ブログやってますが文章の構成力が遥かに自分よりも優れていると感じ、見習いたいものです。

ではまた見に来ますね!
by: fafnir | 2007/12/01 14:16 | URL [編集] | page top↑
#
わぁ!初めまして!
その通りです。この時書いたのはfafnirさんのことです笑
そういうわけで、相互リンクお願いします!

ありがとうございます、恐縮です。
僕の方こそfafnirさんのレヴューの着地の仕方には毎回羨ましさを感じずにはいられないです。

リップ・スライムの最新作のレヴューも読みましたよ!
彼らの「背負わなさ」をキチンと言葉にしている良いレヴューだと思います。

僕の方もまた見に行きますね!
ありがとうございました。
by: 幸大→fafnirさん | 2007/12/01 16:40 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/277-b8c275cd