FC2ブログ

ロック以外も

この前テレビでKとET-KINGがタオルか何かを握り締めた拳を突き上げながら
一緒に楽しそうに歌っている映像を観て、
日本のヒップ・ホップ・シーンは本当に悲惨なことになってるな、
と思わずにはいられなかった。
僕は、KのこともET-KINGのことも何も知らないド素人だけど、
あの二組が一緒に歌うっていうのは、意外な組み合わせっていう驚き以上に、
勘違いされたまま太りすぎた日本のヒップ・ホップ、というかラップ・カルチャーが、
そのままポップ・ミュージックとして完全に受け入れられた象徴のような気がした。
Kは韓国の人だけど、でもやっているのは他でもないJ-POPだから、
あれは最近流行りの「集団で女々しいラップ連中」とJ-POPが手を取り合った瞬間。
そんな地獄絵みたいなとんでもない映像に、僕には見えました。

前にRIP SLYMEとKREVAに触れて今の日本のヒップ・ホップについて
本当に少しだけ書いたことがあるけど、
今日はもうちょっと自分の考えを掘り下げて書こうと思う。

ケツメイシだけはゆらりと気ままに船を漕ぐみたいに少し離れた場所にいると思うけど、
ショウナンのなんたらとかET-KINGとか、
上にも書いた「集団で女々しいラップ連中」が最近やたらと目に付くのだけれど、
あの鬱陶しいピュアさの押し売りソングのどこが良いのか、
僕は正直理解に苦しみます。
ショウナンのなんたらもタオルを振り回すみたいだし、
それと一緒になってタオルを必死で振り回しているファンとの意味不明の連帯感は、
もう本当にやめて欲しい。
心底鬱陶しいと僕は思ってしまうけど、それでも売れてるんだから、
僕の方が世間的にはおかしいんだろうし、ひねくれてるんだろうなぁ。

そんな「集団で女々しいラップ連中」と対極の場所にいて、
のん気にタオルを振り回している連中を横目に
「あんなのラップでもヒップ・ホップでもねぇ」的なポーズで、
「B-Boy」的なファッションで、「今日も握るぜM.I.C.」的なボキャブラリーで、
ポップ・フィールドのラップに対するアンチテーゼめいたことをやる連中も、
今の日本のシーンにはたくさんいる。
典型的なヒップ・ホップ・スタイルでばっちりきめた二人のラッパーが
ラップの応酬をするスペース・シャワーのCMなんかが解かりやすい例かな。

「集団で女々しいラップ集団」も相当鬱陶しいけど、
あの「俺達ヒップ・ホップ」なにいちゃん達も、それに負けないくらいイラッとくる。
最近はCDショップに「ジャパニーズ・ヒップ・ホップ」なんていう
立派なブースまで設けられてるわけだけど、
並んでいるのはみんなヒップ・ホップの手のひらで遊ばされてるような連中ばっか。
ファッションだけはしっかりヒップ・ホップ的だけど、その先になにがあるのか。
完全にファッション化されたヒップ・ホップ・カルチャー。
それに気付かないで「俺達がヒップ・ホップを証明してやるぜ」と本気で思ってる分、
もしかしたらタオルを振り回す連中より厄介かもしれない。

大きくふたつに分けてみたけど、
僕が見る今の日本のラップ/ヒップ・ホップはこんな感じ。
一方で完全にファッション化されちゃってるから、
RIP SLYMEの圧倒的な自由度の高さは魅力的だし、
「ヒップ・ホップなんて知ったこっちゃねぇ」みたいな彼らの姿勢はかなり気持ち良い。
それで楽しさだけを追い求めるような快楽児集団だからこそ、
誰にもRIP SLYMEは止められない。
このままどんどん「我が道」を極めて欲しい。

RIP SLYMEともう1人、僕が信頼しているのが、KREVAです。
恋人にも信頼して音楽を語れる友達にもイマイチわかってもらえなくて
ちょっと寂しいのだけれど、KREVAは本物のヒップ・ホップ・アクターだ。
KREVAが以前所属していたKICK THE CAN CREWが解散した理由を、僕は知らない。
ただ、今インターネットでKICK THE CAN CREWの歌っている姿を観ると、
ヒップ・ホップのファッション化を率先してやっていた連中に、僕の眼には映る。
でもだからこそKREVAはグループが解散してからも、
『新人クレバ』として新たに自分のヒップ・ホップを示す必要があった。
そして、これは実際に作品を聴いた僕が言うんだから間違いない、
と自分の勇気を総動員してエゴイスティックに言うけど、
1人になってからのKREVAを突き動かしている衝動は、
自分と今のヒップ・ホップとの間に横たわる不可解な温度差と違和感。
要は危機感だ。
日本のヒップ・ホップはこのままじゃ絶対にいけない。
そんな衝動が、あの人の作品の芯を支えてる。
漠然としてて全然説得力がないのは自分でもわかってるけど、本当に、絶対そう。
KREVAには、「本物」を感じる。
日本版カニエ・ウェストって感じかな。
ラップのスキルとかサンプリングのセンスみたいな技術面でも、
KREVAは頭5つ分ぐらい抜きん出てる。

実は僕がKREVAに注目したのは、
上に書いたスペース・シャワーのCMがキッカケだったりするんです。
ヒップ・ホップにいちゃんが2人でラップするバージョンではなくて、
KREVAが“音色”のリリックの一部を歌う方。
あれはめちゃくちゃかっこよかった。
出会う時にいつも感じるけど、
「本物」には耳にするだけで瞬時に真実を感じさせる変な衝動がある。
そこの部分の鋭さだけは、これまた勇気総動員で、僕は自信があります。

もうこのままディスク・レヴューに。
今日はもちろんKREVA作品で。
今年発表された最新作です。
スピッツの草野さんが参加してるとか、テレビ番組の企画に提供した曲とか、
作品の本質から眼を逸らさせる情報の多い、誤解されやすいタイプの作品だけど、
例えば安室奈美恵が今年発表したアルバムでR&Bを完全にモノにしたみたいに、
このアルバムは日本のヒップ・ホップの最高到達点として位置づけられる作品です。


よろしくお願いします
/ KREVA

よろしくお願いします



最もアグレッシブな生きざま
 上にも書いたことだけど、今の日本のヒップ・ホップ・シーンは本当にヒドイ。というか、かなりウザイ。そもそもがアメリカの真似事から始まった日本のヒップ・ホップ。そんな事情でヒップ・ホップの地盤が元来弱い日本で、ヒップ・ホップ的なファッション/ボキャブラリー/ポーズ先行型のシーンが形成されること自体は当然といえば当然なのだが、それに無自覚で「俺達ヒップ・ホップやってるぜ」的なスタイルを誇示する連中が実際に支持を集めシーンを牽引しているというこの現状は、かなり悲惨だ。そんな中で、ヒップ・ホップのあらゆる制約を平気で無視してとことん我が道を行く頼もしい連中もいれば、能天気にタオルを振り回し続けるバカもいる。でも本当に1番必要なスタンスは、今の状況を認識した上で、「日本のヒップ・ホップのあるべき形」を提示すること。その上に文句のない支持を乗っけることだ。
 そして、KREVAがやっているのはまさにそれである。ソロ・デビュー以来常に「俺がやらなきゃ誰が」的な使命感とヒップ・ホップに対する危機感、それとたゆまない探究心で日本のヒップ・ホップの理想的なモデルをつくり上げてきたKREVAだが、この作品でそれもひとつの高みを迎えたのではないだろうか。このアルバムはそういうアルバムだ。1曲目“ストロングスタイル”は2分で突き抜けるKREVAの自分自身への決意表明であると同時にこのアルバムのマニフェストとして確かな入り口になるだろうし、続く“THE SHOW”はサンプリングやライムなどあらゆる要素でベーシックを貫きながらもその中で「俺宣言」をするKREVAのスタンダードを示す名曲。そして、“アグレッシ部”。タイトルはしょーもないジョークだが、ここにKREVAのすべてが集約されていると言って良い。KREVAというラッパーのポジション、スタンス、今のシーンに叩き込まなければならないこと。それはつまり、ヒップ・ホップから生まれる言葉ではなくて、他でもない「俺」から立ち上がる「アグレッシブ」を歌い続けることなのだ。オリコン6位はすごいけど、それでもこのアルバムにはまだまだ十分じゃない。


KREVA-ストロングスタイル
スポンサーサイト



03:35 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
根暗 | top | ぬりかべ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/266-4b315edf