FC2ブログ

すべてが始まる橋の下

早起きして日中よりはちょっとは涼しい時間に
自転車でブラブラ走ってきました。
特に行きたい場所とか用事とかはなかったんですけど、
自転車に乗りながら音楽聴くのが中学の時からずっと大好きなんです。
中学の時は友達の誘いを時々断ってまで1人で当てもなく走り続けてました。

1人で出かける時は本当に音楽を聴きながらじゃないと、
なんていうか、どんなふうに歩いたり自転車に乗ったりすれば良いのか
なんとなく困ってしまいます。
必要以上にソワソワしちゃうし、必要以上にビクビクしちゃう。
出かける時はi-Podが頼もしいです。
中学高校の時はパナソニックのポータブルMDプレイヤーが
出かける時の必需品だった。よく壊れたけど。

音楽聴いてるとちょっと気持ちが大きくなる。
今でも夜遅くに家に帰る時に友達に心配されると
「大丈夫。俺音楽聴いてたら無敵やから」って絶対言います。
そんなわけで、やたらと向こう見ずになって
車と接触しそうになったりするのです。
関係ないけど、年金の学生免除の申請をしに行った時に
MIKAでノリノリになって自転車こいでたら
何のために出かけたのかが解からなくなった時は焦りました。
若年性なんたらかと思った。

今日はモノレール沿いに走って、
小倉まで着いたらまた同じ道で帰ってきただけです。
バイト行く時に走ってる道なので風景はもう飽きるほどだけど、
でも楽しかった。
今日のお供はブリティッシュ・ロックが大好きな僕にしては
とても珍しいレッチリ。
「Give it away!Give it away!」ももちろん爽快で良かったけど、
自転車の1人旅としては“Under The Bridge”が最適でした。
「時々、俺にはパートナーなんていないんじゃないかと思うことがある」
「ダウンタウンの橋の下、俺は人生を捨てた」
ダウンタウンの橋の下は、きっとアンソニーの帰る場所なんだろうな。
俺には傷ついた時に帰る場所なんてあるのかな。
なんて思いながら聴いてました。
家に帰ってきたときにはちょっとレッチリの存在が重くなってた気がする。


あ、『コーヒー&シガレッツ』ちゃんと届きました。
アッシュとかブライト・アイズとかケミカルなんかの新作もです。
映画は明日観る予定。
今日はバイトがあるので朝と同じ道をまた通るし、
今度はアッシュの新作聴きながら走ろう。
何時になるかわからないけど、帰ってきたらブライト・アイズだ。
今日は晴れてるし暑いな。
暑い日はこいつらだ!というわけで名盤紹介はレッチリじゃありません。
カリフォルニアはオレンジ・カウンティの陽光を持ち込んでくるバンド。
ジメジメも吹っ飛ばして欲しい。

Broadcast To The World / Zebrahead
ブロードキャスト・トゥ・ザ・ワールド(期間限定価格盤)



世界に告ぐ
 00年に発表されたセカンド・アルバム『Playmate Of The Year』からのタイトル曲のヒット以来日本で圧倒的な人気を誇っているカリフォルニアはオレンジ・カウンティ出身の「Big in Japan(これには物凄い皮肉と揶揄が込められている)」ことゼブラヘッド。『Playmate Of The Year』以降も、タイトでスピード感に溢れた傑作サード『MFZB』(03年)、『MFZB』期の未発表曲にライブでは以前から定番だったスパイス・ガールズのカバー曲“Wannabe”を加えて収録した『Waste Of MFZB』(04年)を日本限定で発表して注目を集めるなど、まさに順風満帆だった状態に突如鋭く突き刺さったジャスティン脱退のニュース。ジャスティンのいないゼブラなんて、という悲痛の声が大いにあがったのは想像に難くないが、とにかく、元JANK1000のマッティを新たにボーカルに迎えて06年に発表されたのが通作4作目となる本作である。
 ジャスティン脱退もなんのその、である。これなのだ。やはりゼブラヘッドはこれなのである。あちこちから投げつけられる揶揄の石ころもバンド存続に対する懸念も何もかもを蹴散らして突き進もうとする足元を確かめようとしない無謀なまでの勢いとバカ正直なぐらいの誠実さ、つまりは相変わらずの芸風が、このアルバムにはある。下ネタ全快で良いのだ。バカバカしくて良いのだ。今もどこかでこのアルバムを片手に「ゼブラヘッドかっこいいじゃん」と呟いているキッズがいればそれで良いのだ。お堅いロック・リスナー達は彼らの陽性すぎるポップネスに対する嫌いを依然抱えているようだが、個人的にはゼブラヘッドというバンドの自画像を示す痛快作だと思っている。ずっと変わって欲しくない、このままでいてほしいバンド。だが、「世界に告ぐ」が結局「日本に告ぐ」にしかなっていないところはもう笑ってすませるしかない。


おまけ
Zebrahead-Anthem
スポンサーサイト



13:57 | 日記 | comments (2) | trackbacks (2) | page top↑
I Must Belong Somewhere | top | イギー・ポップも出てる

コメント

# あ
つまんねーブログ
by: あ | 2009/06/03 23:40 | URL [編集] | page top↑
# あさんへ


だから始めから
『くだらないことしか言わない』
って言ってるのに。
by: 幸大 | 2009/06/04 20:01 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/228-6b621eec
《 商 品 の 特 徴 》Panasonic ポータブルMDプレーヤー SJ-MJ99-S(シルバー)高音質を実現する「D-SOUNDエンジン」搭載、高輝度アルミパネル採用の薄型&軽量ボディー■音声データを忠実に再現し高音質を実現する「D-SOUNDエンジン」搭載音声データを忠実に再現する
2007/07/22 (Sun) 19:41 | ポータブルMDがいっぱい
000(+0~-6dB) 実用最大出力(JEITA)(mW))(約) 2.8+2.8 電源 充電式電池:DC1.2V 乾電池:DC1.5V(単3形×1) ACアダプター:(付属)DC5.0V 付属充電式電池フル充電時間 約3時間30分 電池持続時間(約
2007/09/07 (Fri) 09:45 | ポータブルMDの1日