FC2ブログ

You Gotta Move

昨日今日と、学び舎は文集作成やらなんやらでてんやわんやでした。
文集を作らないとうちのサークルは公認サークルに認めてもらえないので
毎年4年生の卒業に合わせて作ってるみたいなんですけど、
今年は例年よりも取り掛かるのが遅くて、
昨日は活動後も遅くまで部室にこもって細かく話し合っていました。
新1年生に渡されるサークル紹介のパンフの原稿の提出期限も昨日で、
かなり焦りながら、でもみんなで協力し合ってなんとか山場は越えられました。
ひと段落着いたらみんなでゲームしたり、コンビニでご飯と酒買ってきたり、
そんな感じでかなり遅くなってしまったので、
僕はそのまま先輩達と部室に泊まりました。

今日もずっと文集の原稿用紙をOB・OGに送る準備をしていたので、
なんだかずっと部室で生活していたような気がします。
最近の部室は結構快適やし、他のみんなもいたから楽しくて良かったですけどね。
でも、テスト勉強が全然できてなくて本当にやばいです。
来週はテストラッシュやのに……。
土日もあるし、前日勉強でなんとかなるとは思いますが、
レポートなんかもあるので気持ちは結構焦っています。
焦っていますといってもやっぱり家に帰ってくると音楽ばっか聴いてるので、
というか学校にいるとなおさら勉強なんてできるはずないんですけど、
危機感だけが増していって、全く行動がついていきません。
多分今日はもう無理やろなぁ。


勉強なんかしなくても音楽聴いてるだけで幸せやのになぁ、
とか思いながら名盤紹介します。
このバンドの、年甲斐もない、漲り過ぎている元気が
テストに対する焦りを放逐してくれたら嬉しいのになぁ。

Honkin' On Bobo / Aerosmith
Honkin' on Bobo



 正直、“I Don’t Want To Miss A Thing(ミス・ア・シング)”の歯の浮くような歌詞には共感できないし、綺麗にまとまりすぎているあの曲に、エアロスミスの虚像を投影することができない人間なので、なんであんなに売れたのかよく理解できない。だから、日本人に多い(他国の人がどう思っているかは知らない)「エアロスミスといえば“ミス・ア・シング”」という価値観には絶対に共感できない。『Just Push Play』(01年)にも、「エアロスミスらしさ」があったとは思えない。「エアロスミスってのはこういうのを言うねん!」と、毅然としてこのアルバムを“ミス・ア・シング”好みな人に突きつけてやりたい。
 「Well I’m a road runner honeeey yeaaaooo!!!!」というスティーヴン・タイラーのシャウトがこのアルバムの骨格を支える「ロックンロールの真髄」を象徴している。このアルバムは、歴史あるブルースの名曲をエアロスミスが噛み砕き、よく咀嚼して独自のアレンジを加えて収録したカヴァー・アルバムだ。収録曲はマディ・ウォーターズなどの、今の時代でも古臭さを貫禄と偽る必要がないほどの名曲だらけ。それらを『Rocks』(76年)期のようなパワフル且つヘヴィな演奏でロックンロールする快作だ。「年相応のことがしたい」と言い張るオアシスには絶対生み出せないド迫力は、『Permanent Vacation』(87年)以降バラードに頼りがちだった彼らから、意地やプライドがまだ完全にはこぼれ落ちていなかったことを証明してくれた。エアロスミスのロックンロールって、こういうもんちゃうん?


おまけ
Aerosmith-Road Runner
スポンサーサイト



22:13 | サークル | comments (3) | trackbacks (0) | page top↑
My Plague | top | Glutton Of Sympathy

コメント

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2007/02/03 21:09 | URL [編集] | page top↑
#
わあ!!!月曜のテストがやばすぎる!!!泣
きっちゃんのレポート3つもあるしね・・・・・。
どうにか生きて春休みを迎えようね♪
by: wakana | 2007/02/03 21:33 | URL [編集] | page top↑
#
月曜俺もやばいー!!v-37
砂川さんはまだしもウィッグの方が・・・・
きっちゃん3つもあるし、思ったより期限早くない?
まだ神埼さんもあるし・・・はぁ、最近ため息多いわぁ~
でもあと一週間で全部終わりや!!頑張るで!!
by: 幸大→wakana | 2007/02/04 00:23 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/169-b2cf9e10