FC2ブログ

Ball And Biscuit

おはようございます。現在、朝の6時です。
音楽聴いてたら目が冴えちゃって、全然眠れませんでした。

昨日は学び舎の先輩と大学の近くの居酒屋に食事しに行きました。
もう1人の1年男子も一緒に行って、3人で新年会風に盛り上がりました。
先輩がおごってくれると言うので遠慮なしに食べたいもの食べられて幸せでした。
「遠慮しろよ」と思われるかもしれませんが、
その先輩は一緒に食事に行くと「俺のより安いもの頼んだらむしろ怒る」
という人なので遠慮は不要です。
先輩はその居酒屋のもろキューが大好きで、行くと絶対注文するんですけど、
今日は無性に食べたかったらしくて、「店のきゅうりなくなるんちゃうか」
と、お店側の心配がしたくなるほど注文していました。
多分7、8個は注文したような。もっとしてたかな。

次の日1限から授業があるとかで、もう1人の1年は途中で帰っちゃいました。
そこで、他の学び舎メンバー何人かに声を掛けて、
バイト帰りの先輩と、同じくバイト帰りの1年と一緒に先輩の家で飲み会です。
そこでももろキュー好きの先輩はきゅうりの漬物をつまみに買って食べてましたよ。
本当に1日にきゅうり何本食うねん、と思いましたよ。
もうなんか最近はいろいろなことがうまくいかなくて、
自暴自棄に入ってる気があったせいかやたらと飲んでしまいました。
正直しんどかったです。
でもやっぱり学び舎の人達といると楽しいです。
今の僕の大きな拠り所の1つです。
明日の学び舎の活動後に、ちゃんとみんなで新年会する予定です。
今の学び舎や昔やってた部活の話なんかをしたりして、まったり過ごしました。
2時半くらいにお開きになって、みんなで女の子を家までちゃんと送って
家に帰った時に「寝る前にちょっと音楽聴こう」と思い立ったのが間違いでした。
酒が入ってるのに全然眠くならなくて、音楽聴けば聴くほど目は冴えるし、
開き直って音楽に没頭することにしたらこんな時間です。
今更眠くなってきたんですが、どうせ授業は昼からやし、
今日も名盤紹介してから寝ます。

こんなの聴いてたら眠れなくて当然やろ、と今更ながらに思います。

The Fall Of Math / 65 Days Of Static
The Fall of Math



 日本では去年発表されたセカンド・アルバム『One Time For All Time』(05年)や日本限定の『B-Sides & Rarities Volume.1』(06年)が共に好調のUKシェフィールド出身の4人組。この作品は、「モグワイ meets エイフェックス・ツイン」で定評のある彼らが04年に発表したデビュー・アルバムだ。
 サマーソニック06では「裏ベストアクト」に挙げられるほどの怒涛のパフォーマンスだったらしい。彼らの轟音ギター・サウンドや分裂ブレイクビーツが作り出すその圧倒的な迫力はCDからでも十分に伝わってくる。モグワイ、エイフェックス・ツインの両者から薫陶を受けたようなサウンドスケープだが、65デイズ・オブ・スタティックの凶暴性は両者のそれよりも少し上回っていたようだ。楽器に勝負を挑むかのような渾身の演奏、怒気と狂気が腕を組んで力強い様相で立っているようなド迫力、そこにさりげなく流れ込み「静」を告げるピアノ・サウンド。爆音を鳴らすだけではなく、轟音の中に静寂を含ませることでその凶暴性の輪郭をより明確に、はっきりと浮かび上がらせている。狂気に陥ることの危険性を忘却の彼方に葬り去ってしまったのか、それとも本当に正気でいるからこそこの世にいる限り能天気ではいられないと踏んだのか。狂気を正当化するわけではなく、正気を持っているからこそ凶暴にならざるを得なかったとでも言いたげな、緊張感を含んだ迫真性を持ったアルバムである。


おまけ
65 Days Of Static-Retreat! Retreat!
スポンサーサイト



06:24 | サークル | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Somewhere I Belong | top | Junior Sweet

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/158-690805a3