FC2ブログ

The Worst Is Over

前に一度紹介したことのある作品だけど、
今日はカーシヴの『The Ugly Organ』というアルバムについてちょっと書きたいと思う。
The Ugly Organ



洋楽に限定すると、僕の知っている限り、03年に発表されたあらゆる作品の中で最も素晴らしい傑作。
何がそんなに良いかというと、決定的なものはティム・ケイシャーの書く詞。
某雑誌で「極めて文学性の高いアルバム」と評されただけあって、
その背筋の凍るような描写や、全体を貫く劇的な趣向は卓絶としている。
人間の絶望を圧倒的な説得力で描いた、またとない傑作です。
誰もが歌うようなラブソングやバラードに飽き飽きしている人には堪らない作品だと思います。

ブックレットを開くと、
Enter Organist. Moves stage center in grotesque costume.
He Gestures toward an imaginary audience.

という文章が書かれており、続く名曲「Some Red Handed Sleight Of Hand」では、
「And now, we proudly present, songs perverse and songs of lament.」
「There's no use to keep a secret, everything I hide ends up in lyrics... so read on - accuse me when you're done - if it sounds like I did you wrong.」
「This is the blood I found on my hands after I wrote this album.」
など先程のオルガニストが語ったように聴かせ、この手の込んだイントロダクションを皮切に、
リスナーは底なし沼のように深く、終わりの見えない絶望の世界へと導かれる。

僕もイントロダクションだけみたいな感じになってしまいましたが、時間に余裕もないので、
このアルバムの圧巻中の圧巻である「Sierra」という名曲の歌詞で、
ティム・ケイシャーという人物のあけはだかな生々しい感情の爆発を味わってください。
かつて愛した女性が新しい夫ととの間にもうけた子供に、
自己の感情から抉り取った未練や猜疑心をぶつけるという、ある意味異常な詞です。
でもティム・ケイシャーの詞には「異常」という言葉では十分でないほどの説得力がある。
それを少しでも汲み取ってもらえると幸いです。

Sierra(written by Tim Kasher)

In the desert, where the cities are made of gold.
There's a girl playing hopscotch with pink ribbon pigtails.
And her mom calls out from an apartment balcony.
“Come on, baby! You're bath is ready! It's almost time for sleep!”
And I wonder who's the father...
And I wonder what they call her - Sierra.

Does her mother smoke, or does she jog every morning?
Does she drink when she thinks about me?
Or does't she need to drink...
Does she have a man who works a nine to five?
Does he come home to kiss our young Sierra, tuck her in and say goodnight?
(And an extra kiss for mama...)
I want that kiss, that kid, that apartment.

I'm ready to settle down now, so get the man out of my bed.
I want my daughter back now.
I want to kiss her, tuck her in and say,‘goodnight , my baby girl, Sierra.’

Sierra, Sierra, Sierra, Sierra,

I'll never know who you are, and I don't deserve to.
My little girl, we would've been so... oh, nevermind.
But I'm ready to settle down now - yeah, I'm ready to leave that wrecking ball behind.
I could be your carpenter, and you could be my twinkling north star over the desert sky.
スポンサーサイト



23:07 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Gently | top | Stability

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/138-2290b3f1