FC2ブログ

Holiday From Real

8月頃に母親が子宮ガンということが判明しました。
父親はかなり心配してましたが、本人は「ガンがなんぼのもんじゃい」という感じで他人事のようでした。
母親がそんな感じなので僕も姉もあんまり心配していませんでした。

今日手術だったみたいです。
父親から随時メールが届いて、「あぁまた心配してるなぁ」と楽観的に思ってました。
母親も「役目はたしたもん取るだけやから心配いらんやろ」と底抜に楽観的でした。
実際、手術は成功したみたいです
僕はあんまり心配してなかったから「良かった、良かった」程度ですが、父親はかなり安心していることでしょう。
まぁ、なにはともあれ良かった。

完全に受け売りですが、人間は体内に元々ガン因子を持ってて、長生きすればガンになるのは必然だそうです。
ただガンになる前に寿命で逝ってしまうらしく、もっと人間の平均的な寿命が遥かに長ければ絶対ガンになるらしい。
そう思えば完全なガン予防法っていうのはないといえるかもしれませんね。
発病を遅らせることはできると思いますが。
つまり発病を遅らせる確実性のある方法があれば、健康に暮らして行けば人間はガンにならないかもしれませんね。
あくまで希望論ですが。

同じような希望論にゴキブリの話があります。
人間がゴキブリを恐れるのはある種のイメージの刷り込みだそうです。
良く考えれば別に毒があるわけでもないですしね。
だからみんながゴキブリを追いかければゴキブリに対するイメージも変わってくるのかと。
「ゴキブリさんが出たよ~」みたいな感じで。
もしそうなれば人間はだいぶ幸せに生きていけるような気がする。
でもゴキブリを気持ち悪いと思う今の価値観で考えれば、そうなった時の世界は相当住み心地が悪いですが。
これを実現するにはみんなの価値観を根底から覆さないと無理ですね。
いや、やっぱりこんな希望論を語るのはやめよう。ゴキブリは気持ち悪いままでいいや。


ゴキブリの話の後にするのは嫌ですが、今日の名盤です。

Everything In Transit / Jack's Mannequin
Everything in Transit



 それなりの存在感は残したものの、ムーヴメントと呼ぶにはあまりにも小ぢんまりと、刹那に散ってしまったピアノ・エモ。パンクにピアノを取り入れるという斬新なスタイルで一躍シーンを牽引するバンドとなったサムシング・コーポレイトのフロントマン、アンドリュー・マクマホンが昨年発表した実質上のソロ・アルバムであるこのアルバムには、そんなピアノ・エモの全てが凝縮されている。
 「ピアノの弦は88弦しかないが、奏でる音は永遠だ」。いつかこんな言葉を耳にしたが、インスピレーションに満ちたピアニスト、アンドリュー・マクマホンの作り出す旋律はまさにその言葉通り永遠を奏でるかのように美しい。ベン・フォールズ・ファイブを彷彿させる軽快なメロディだが、決定的に違うのはその大胆なギター・サウンド。ギターに埋もれてしまわない存在感溢れる優美なピアノと分厚く激しいギター、その絶妙なバランスの均衡、自分の足元を見つめ直したようなリリックを感情的ながらも高らかに歌う彼の歌声、非の打ち所がない緻密に構築されたこのサウンドは聴くものにひたすら感動を与える。このアルバムの持つピアノ・エモ界屈指の美しさこそが、アンドリュー・マクマホンの追い求めた永遠なのである。


おまけ
Jack's Mannequin-The Mixed Tape

スポンサーサイト



21:19 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
Army Of Me | top | Funky Jam

コメント

#
またまた、こんばんわ。
なんだか、オウテカさんのお母さん大変そうですねぇ。
どうぞ、お大事になさってくださいね。m(_ _)m

ところで、ゴキブリの刷り込みの話ですが、分る気がします。
小学校の時に、なにか悪いことをしたわけではないのに、いじめられていた子がいました。
いじめられた原因というのが、クラスの1人の「気持ち悪い」という発言だったのですが・・。
なんだか、突然思い出してしまいました(A´∀`;)

あと明日、明後日休みなので『慟哭』読んでみたいと思います。笑
by: のわy | 2006/10/13 22:33 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは。
母は手術後も元気にしてるみたいなんで大丈夫ですよ!
ありがとうございますね。

いじめもある意味刷り込みかもしれませんね。苦笑
いじめられっ子もみんなが追いかけるようになれば平和に・・・というわけにはいきませんね笑
まぁいじめの場合、悪いのはいじめっ子の方なんでゴキブリのようには・・・あれ?なんか訳解からなくなってきました。笑
とにかくゴキブリは気持ち悪いです。大嫌いです。

ついに『慟哭』読む日が来ましたか!
楽しんでくださいね~!
by: おうてか | 2006/10/14 11:04 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/122-fe4b327f