FC2ブログ

真実を信じるな

今日2回目なので名盤紹介。
久しぶりなんですが…またオアシスです。笑
ほんまオアシス多すぎると思うけど好きなんで。
今日のは僕が1番好きなアルバムと思ってもらっていいです。
Don't Believe The Truth/oasis
dontbelieve.jpg

アーティストのある作品を評価する際、その作品をアーティストの過去から切り離して考えることはできない。ある程度のキャリアをもったアーティストなら、特にそういった意識は無意識のうちに働く。
このアルバムが絶大な支持を得たのは単に05年に発表された作品の中で突出して優れた作品だったというだけではなく、大衆が持つあまりにも大きな「オアシス」というバンドの固定観念を打破するのに十分な作品だったということだ。

94年から96年にかけて発表した全ての作品が名盤だったといっても過言がないほどセンセーショナルな初期時代を通過した彼ら。その間の作品が大衆に植え付けたオアシスのサウンドという概念は予想以上に根強いものだった。
それゆえその後に発表されたオアシスなりの新しさを追求した2枚の作品は、初期時代からのファンには受け入れ難い作品となってしまった。
しかし、新メンバー2人を向かえ初めてソングライター4人体制で制作された02年作『Heathen Chemistry』を原点回帰ともいえる快作に仕上げ、次回作への期待が高まる中05年に発表されたのがこの『Don't Believe The Truth』だ。

リアムは楽器の奏法や作曲の基礎を積んでいないからこその独特な作風を確立しつつあり、ゲムは自らの楽曲で相変わらずの轟音ギターを響かせ、アンディはライド期を思わせるメロディアスな楽曲を提供している。そうして他のメンバーが「個」を強調する中でメイン・ソングライターであるノエルは97、00年作のような付け焼刃の楽曲加工ではなく、もっと根本的な意味でのオアシスにとって新しいサウンドを作り出してみせた。
4人の個性がぶつかり合うことで生まれた新しいオアシス・サウンドを表現したこのアルバムは、彼らの初期作と同じ尺度では計れない次元の名作に仕上がったというわけだ。

この作品で僕は現存する世界最高のロックンロール・バンドの存在を再認識した。


おまけ
oasis-Let There Be Love(PV)
lettherebelove.jpg
スポンサーサイト



22:25 | 音楽 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
土産 | top | 大阪

コメント

#
あたしもたったさっき北九州に帰ってきたよ~♪♪大分土産ちゃんと買ってきたよ~v-218
てか、今”Let there be love"のPV見てるんだけど、この曲いいね~(^^♪OASISの中で一番好きかも★☆あ・・・明日の7限の存在を思い出させてくれてめっちゃ感謝です!忘れてました(ーー;)ってことでじゃあまた明日の夜にね^^baybayv-222
by: wakana* | 2006/05/05 22:41 | URL [編集] | page top↑
#
土産ありがと~v-14でも俺クラスみんなに買ったから渡すのは月曜のクラスの授業にするわ~。

Let~良いよな!!わかなの好きそうな曲やんな。笑
ちなみにこの曲はノエル作曲ね。

7限また映画やったらいいけど明日は違うよなv-37

まぁまた明日!!
by: おうてか | 2006/05/05 22:57 | URL [編集] | page top↑
#
ディープパープルサンクス^^

てか何?みんなお土産お土産って・・・俺なんか帰ってすらないぞ。

まぁ大阪の土産楽しみにしとるさかい、期待裏切ったらどつきまわしたるからな(嘘)

そーいやぁねぇ、TSU○AYA。あのあと帰れんごとなったよ・・・モノレールの通りを必死に探し求めながらわけわからん田舎道20分くらいさまよっとったら、なんかTSUTA○Aの看板が見えてきた。

もうTSUTAYAいらん
by: クリスト | 2006/05/06 00:34 | URL [編集] | page top↑
#
お土産お楽しみに!
てか無理に大阪弁使うなちゃ!!ぶちぎこちないばい!
俺は明日ツタヤに行ってみようかな。
また授業でな~!!
by: おうてか | 2006/05/06 00:55 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/12-4a3371ce