FC2ブログ

ラストダンジョンは、

Lisa Lisa & Cult Jam With Full Force
/ Lisa Lisa & Cult Jam With Full Force

Lisa lisa And The Cult jam with full force
ゆらゆら摩天楼
 R&Bパフォーマーでありプロデュース・チームでもあるフル・フォースとの共作という形で85年に発表されたリサ・リサ&カルト・ジャムのデビュー・アルバム。冒頭に収録された代表曲“アイ・ワンダー・イフ・アイ・テイク・ユー・ホーム”(カイリー姉さんやブラック・アイド・ピーズが使ってる歌だよ)を聴いたときに、いや、タイトルを初めて見た瞬間に、やられたと思った。今夜、あなたを連れて帰ることができるかしら。ある意味ではこれこそが、夜を彩るポップ・ミュージックの永遠のテーマだろう。ジャブのような軽すぎる打ち込み、ステッカーみたいな安っぽい色合いを感じさせるシンセの音は、まさにプラスチック・エイジ=80年代を象徴するような絶妙なバランスで鳴っている。しかし独特の雰囲気を持っている歌だ。冷たい、醒めている、というのとも違う。なんだろうかこれは、と思っていたら、同様の雰囲気を引き継いだ二曲目“ユール・ネヴァー・チェンジ”の中で、「あなたが変わらないから、わたしは幸せになれないのよ」と歌われていて、よくわからなかったものの端っこをようやく掴めたような気分になった。不機嫌なのだ。やきもきしてる。このままひとりで帰れば必ず後悔する。でもうまく誘えるかしら。怖い。いっそ連れて帰ってくれればいいのに……。そんな愛らしいことを思いながらも、表面ではプラスチックみたいに無愛想に、不機嫌に振舞ってみせる。態度や表情に表れるはずの感情をあえて殺したようなこの歌のクールなサウンド・デザインがとても好きだ。タイトルは"take you home"だが、後ろで囁くように歌われる、"take me home"という控え目なコーラス。そして、不規則に、不恰好にビートを刻む打ち込みの音だけが、まるで乱れる心臓の鼓動みたいに、ただひとつ、内なる高まりを伝える。どきどき、どきどき。握れそうで握れない、その手。どきどき、どきどき。揺れる心が、身体を惑わせる。心と身体が、なかなかひとつにならない。一致しない。でも、あなたがそばにいると、いつも決まって。どきどき、どきどき。心はもう、奪われているというのに。
スポンサーサイト



15:46 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
オール・タイム・ベストってやつだ | top | 初めての授業でいきなり河村隆一の歌を歌わせようとする音楽の先生が中学にいた。とっても会いたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/1028-718e2add