FC2ブログ

水道料金払いたかった僕を殺したのは誰だー!

Screaming Bloody Murder
/ Sum41

Sum-41-Screaming-Bloody-Murder1 (1)
誰もが幾つもの自分を殺しながら生きている
 デビューからずっと聴き続けてる数少ないバンドのひとつ。サム41の歌では、前作『アンダークラス・ヒーロー』に収録の“スピーク・オブ・ザ・デヴィル”という歌が圧倒的にすきだ。なにかと口で失敗することの多い口下手な人間なので、この歌には並々ならない共感を寄せている、つもりだ。心にもないことは簡単に言えてしまうのに、思っていることに限ってなかなか言葉にできない。こんなの本心じゃないという叫びを軽々と裏切って、醜いことを口走れてしまう。まるで悪魔が僕の口を勝手に借りて喋っているみたいに。スピーク・オブ・ザ・デヴィル。昔は“ファット・リップ”なんてひどい冗談みたいなこと歌ってたバンドだったのに、こんなの歌うようになったかと随分感慨に浸ったものだ。自分のこの肉体の中に、自分とは相容れない、他の誰かがいる。自我が芽生える、ということはこういうことかもしれない。芽生え、幹を伸ばし、枝分かれしていくのが生命なら、どうして自分はひとりだなんて言い切ることができるだろう。これだから、自分を持ってないやつは嫌いだ、なんて言う人にはとことん嫌われる(そうでなくても友だち少ないけど……)。僕なんて、鏡を見るだけでもこれが本当に自分!?って驚くくらいなのに。
 前作から実に四年ぶりとなる現時点での最新作。これまでで、一番激しいんじゃないかな。もはやパンクというよりメタルじゃないかと思わせるような一瞬が、ある。メタルなんて聴くと、うるさいだけじゃないかとか、髪の毛振り乱してるだけじゃないかと思う人もいるかもしれないけれど、よくよく聴いていると、彼らが本当に叫びたい相手は自分の中に潜む決して許容することのできない誰かなんじゃないか、とだんだん思えてくる。そしてそんなときにメタルが奏でるメロディはまるで、生まれながらにしてこんな自分に生まれたくなかったと泣き叫んでいる赤ちゃんみたいに、愛しく、そして綺麗だ。それを象徴するかのようなタイトル・トラックが素晴らしい。一見、不条理な世界との不和を訴える歌にも聴こえる。でも、殺戮者は、自分の中にもいないか? あのとき、ああ言いたかった自分を殺したのは? ああすべきだった自分を殺したのは? いったい誰? だからこそこの歌の、最も激しさの高まるサビの一行目は、"Tear me open"という切り裂くような叫びでなければいけなかったのだろう。
スポンサーサイト



16:40 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
YUKIの新作聴く合間に、気まぐれに聴いてしまった | top | 企業努力!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/1024-bbf1a92f