FC2ブログ

しょーがないじゃん

Different Gear, Still Speeding
/ Beady Eye

Beady Eye-Different
だってだいすきなんだもん
 先行シングルとして発表された“ザ・ローラー”を聴いて、こんなんだったらオアシスでもできんじゃん、と未練たらたらに思っていた自分が恥ずかしい。こんなアルバム、ノエル独裁政権のオアシスじゃ絶対に作れない。すごい、すごいよリアム。ノエルがオアシスを難しいバンドにしようとしてたせいで、ずっと忘れてた。そうだ、僕たちがリアムに望んでたのは、本当はこれだったんじゃないか。マナーもクソもあったもんじゃねえ。パクリって言われても仕方ない。もろにビートルズ。もろにストーンズ。もろにブリティッシュ・ロック!“ビートルズ・アンド・ストーンズ”って、あんたそのタイトル・センスどんなだよ!でも、そういうところがすきなんだ、たまらなく。世界中の名立たるシンガーに罵声浴びせても、ジョン・レノンの前ではいつだって深々と頭を下げる。どんなビッグマウス叩いても、その後にはすぐに「まだビートルズには及ばねぇ」って遠くを見てる。我らがリアム・ギャラガー二度目のデビュー・アルバムとなった本作は、「今夜、俺はロックンロール・スター」というたった一夜のみロックンロール・スターになることを許された、ただのロック・オタクの見果てぬ夢から始まったオアシスの『ディフィニトリー・メイビー』とまったく同じ場所から始まっている。「すきだから」。それ以外には根拠も必然性もないような、憧れのロケンロー。アルバムの最後に収録された“モーニング・サン”の前後に、波の音が録音されてる。この音、オアシスでも聴いたことがあるよね。『モーニング・グローリー』にも、『ディグ・アウト・ユア・ソウル』にも入ってた。バンドは変わっても、ずっと同じ景色にリアムは佇んだままだという象徴のような気がして、感動した。リアムは昔からこの波打ち際で、海の向こうのビートルズを見つめてる。
 ところで、やはりロック・スターらしく様々な名言(暴言?)を残してきたリアムだけど、その中でも僕が特にかっこよかったと思うのはこれ。「ビーチ・ボーイズなんかのどこがいいんだよ。あんなの、レコード屋でビートルズの隣に並んでるから売れるだけじゃねえか」。ビーディ・アイ(=きらきらした瞳)とはこれまたクソファッキンロマンチストなリアムらしいっちゃらしい名前だけど、これってもしかして……。「俺様のアルバムは七十年後にもレコード屋に置いてあるはずだぜ」とかも言ってたけど、七十年後には、ビートルズの隣にビーディ・アイが並んでいますように(でもリアム、それまでにビースティ・ボーイズを全力でつぶせ!やつらは手強いぞ!)。

スポンサーサイト



17:53 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
八月六日はハローの日ですよー | top | 大人は空の飛び方を内緒にしてる

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/1017-9eeb2484