FC2ブログ

大人は空の飛び方を内緒にしてる

コクリコ坂から
コクリコ坂から
こどもは空の子
 宮崎吾朗が監督を務めた、ジブリ映画の最新作。ジブリ映画としては異例の酷評を受けた『ゲド戦記』には、過去のジブリ作品の単なるパスティーシュじゃないかという既視感をどうしても拭えない印象があったが、本作で描き出される景色はどれも、決してファンタジーではないのに誰もが胸に秘めているはずの幻想的な美しさを思い出させる、そういうきちんと心に寄り添ったような作風に仕上がっていた。だからこそキャラクターは皆その中で、活き活きと個性的に動き回ることができる。派手な展開はなくとも、そんなキャラクターの心の動きがそのまま呼吸とリズムを作り、自然と物語を形成していく。そして時に、企みは明確に。ちょっとした冗談や、的確な音楽が、観ているこちら側の心を心地よく操ってくれる。とても面白い映画だったと思う。
 瞳の中に落ちてきた、少年のその勇敢な姿に、ハッとさせられた。空から落ちてくるものは、いつだって綺麗だ。雨。透き通るその雫には、いつも空が映っている。地上に降り注ぐ、空の欠片。上から下へ。それが、地上という宇宙の底で生きることを決めた僕たちのルール。手を離せば、たちまち落下する。それが重力というもの。上から下へ。一方向へと働く力。物語の中で大きな問題となってくる、血脈だってそうかもしれない。親から子へ。その順序は変えられない。上から下へ。一方向へ、垂直に働く力。でもそれがほんの少し傾くだけで、垂直は坂道になって、今度は、下から上にのぼっていくことだってできる。上り坂を見ると、無性に駆け上がりたくなる。下り坂は、自分でも制御できないスピードで駆け下りる。海が青いのはきっと空の色が反射しているからだと信じていた、そんな子ども。大人に近づけば近づくほど全速力で走る機会が減るのは、それだけ色々な重力が増えるから、かもしれない。毎日目印の旗を掲げ続けた少女は、頭上のそれを揺らす自由な風にこそ、憧れたのではないだろうか。そうすれば、ただ待つほかない誰かの胸に、すぐにでも飛んでいくことができるような気がするから。しかしその願いが叶わずとも、懸命に上を向いて歩き続けようとする彼女のその瞳は、ついさっき雲の上から落ちてきた小さな空のようにきっと、とても綺麗なはずだ。
スポンサーサイト



14:51 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
しょーがないじゃん | top | Running Horses Light

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/1016-5256f41e