FC2ブログ

ついでにどこからどう見てもイケメンになりたい

Angles
/ The Strokes

The Strokes-Angles
どこから見ても
 一曲目の“マチュ・ピチュ”からいきなりジュリアンが人を食ったような変な声で歌い出すもんだからたまげた。五年前(!)の前作ではこれぞロックンロールとでも言いたくなるようなクールネスと、それを装ってもどうしようもなく滾る炎のような素晴らしいボーカルを披露していただけに(“アイズ・オブ・ザ・ワールド”めっちゃかっこいいよね)、なにこのヘラヘラした声、間違えて別のバンドのCD買った?と思わず名前を確認してしまった。が、サビの訪れと共に確信。こすれ合う琥珀のようなツイン・ギターの音、クセになるリズム感、ジュリアンの魅力的なガナリ声。こう鳴らそうとして、的確にこう鳴らすことに成功している。間違いない、ストロークスだ。全編通して聴いてみると、他にもわざとこれまでのストロークスを外してくるようなところが随所にあって、面白い。“ゲームズ”なんてどこのダンス・ミュージックかと思ったし、“メタボリズム”なんてもうミューズのメロディじゃないか。通算四作目となる本作、どうやらこれまでジュリアンがほとんどひとりで賄っていたソングライティングをメンバー全員で共有するスタイルで作られたらしく、「様々なアングル」と題されたアルバム・タイトルもそれに由来しているようだ。その名の通り、一枚のアルバムで多種多様な楽曲が聴ける内容になっている。でもどうやらファンからのリアクションはいまいち芳しくないようだ。ストロークスほど過去に大きな呪縛を持ったバンドは他にいないだろう。本作制作に関しても、批評やプライドやセールスなど様々な観点を、メンバーたちは自然と意識したはずだ。その結果、全員が揃って焦点を合わせた脱ストロークス。まったく新しいストロークス。それなのに、どこからどう見ても最後にはストロークスにしか見えない。それはやっぱり、流石だなぁと僕なんかは唸ってしまうのだけど、違うの?
 初めてこのアルバムをCDプレイヤーに入れて聴き始めたときから、ずっと最後の曲が気になって仕方がなかった。タイトルがとても素敵だったから。“ライフ・イズ・シンプル・イン・ザ・ムーンライト”。「すき」って言われたら、それこそ月明かりに照らされたみたいに単純に、幸せになってしまうよ。それなのに、どうしてこんなにも孤独や幻滅までが眩しいの。本当は、どこからどう見ても、愛なのに。
スポンサーサイト



19:14 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
Running Horses Light | top | 窓際の席のあの人から、いっつも見られてる気がする。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/1014-594efbb0