FC2ブログ

窓際の席のあの人から、いっつも見られてる気がする。

The Best Of Enjoy! Records
/ Various Artists

The Best Of Enjoy Records
風になる音
 Sugarhillと共に80年代ヒップホップを代表する名門メジャー・レーベルとして有名なEnjoy! Recordsが誇る名曲たちを一枚にまとめた89年発売の豪華盤。ブレイクビーツのパイオニア的存在であり、スクラッチの技術を発明した張本人と言われる伝説的DJであるグランドマスター・フラッシュ率いるグランドマスター・フラッシュ&フューリアス・ファイヴの79年のデビュー曲“スーパーラッピン”が一曲目という時点ですでに感動的なオムニバス・アルバムである。続く二曲目のスプーニー・ジー&ザ・トレチャラス・スリーの80年作“ラヴ・ラップ”はロック・ファンなら誰もがハッとするはず。何を隠そう、モービーの大ヒット曲“ボディロック”の元ネタである。その他にもフィアレス・フォーやディスコ・フォーなどオールド・スクールの代表選手たちの名曲がズラリ。サンプリング技術の導入によりスタイルとしてのヒップホップが著しい変化を見せた当時の楽曲を中心に収録されているので、面白いオモチャを手に入れた男の子みたいな高揚感がどこかしら伝わってきて愉快だ。ほとんどがグループによる楽曲で、複数のラッパーが交代でマイクをスイッチしながら遊び回る、現在で言えばRIP SLYMEのようなパフォーマンスの原型を想像してもらえるとわかりやすいかもしれない。サンプリング全盛期の楽曲群であり、また同時に本作収録曲が今度はサンプリングされる立場にある一種の教科書的内容になっているので、ヒップホップに明るくなくてもどこかで聴いたことのあるメロディやフレーズがたくさん隠れているはずだ(マライアの元ネタなんかもあるよ)。
 サンプリング。どこかで聴いたことのある音。そういうのって、すきだ。いつ、どこで聴いたのか、考えているうちに、思い出しているうちに、わかっちゃうこともあるけど、いつまで経ってもわからないものも多い。いつどこで聴いたのかわからないまま、耳の後ろ側にへばりついて、いつまでも見えないところで鳴り続けてる。それはもしかして、風のウワサ、ってやつ? いつか、どこかで、いつまでも、鳴り響く。名前を呼ぶ、愛しい声。
スポンサーサイト



14:54 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
ついでにどこからどう見てもイケメンになりたい | top | 90年代ポップ旅行150円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/1013-0f564cbf