FC2ブログ

ずっと水の中で暮らせたら、君が「すき」っていうたびに浮かぶ泡に、触れることができるのに。

Kamaal The Abstract
/ Q-Tip

Qip-Kamaal the Abstract
手に残ったロープの跡を愛さないで
 ジャネット・ジャクソンが97年に発表した、『ヴェルヴェット・ロープ』というアルバムがある。個人的にとても忘れがたい素晴らしい作品なのだが、僕がQ-Tipというラッパーの存在を知ったのは、その『ヴェルヴェット・ロープ』収録の“ゴット・ティル・イッツ・ゴーン”という楽曲(名曲である)にフィーチャリング・アーティストとして彼が参加していたからだった。「どうして手に入れたものに、それが失われるまで、気付くことができないのだろう」。そんな、失うことでしか手に入れられないものへのもどかしさが歌われたこの歌。ライムだとかフロウだとか、ヒップホップに関するテクニカルなことは僕にはさっぱりわからないのだが、この歌でのQ-Tipのラップほど素晴らしいラップを、僕は他に聴いたことがない。リズミカルに喋るような、抑揚のない滑らかな言葉の流れが、いつの間にか、明らかなメロディに載せられている。この人はただ口元のリズムを楽しんでいたのではない。歌っていたのだ、と後になって気付かされる。失うまで手に入れることのできないもの。音や言葉をひとつひとつ置き去りにしていく歌を歌うという行為もまた、それと似たところがあるのではないか。
 本作は、01年に制作されながらもレーベル側の事情で実に八年もの間眠り続けていたQ-Tipの実質的なセカンド・アルバム。トライブ・コールド・クエスト時代から、ヒップホップに付きまといがちな即物的な欲求とは離れた音楽的な洗練を重視したアーティストとして(観念を必要とした、ということだ)知られていたQ-Tipだが、ここに収録された楽曲はすでにヒップホップとしてのパフォーマンスを遥かに凌駕している。プロのミュージシャンを招集した極上の生演奏と最小のエレクトロニクスで構成された楽曲の描く模様は、むしろジャズのような即興的自由さで、伸び伸びとした色合いを見せる。とてもエレガントな内容だ。タイトルの『カマール・ジ・アブストラクト』とは、いったいどういうことだろう。「アブストラクトの導き」ということだろうか。とにかく、彼にはどうしても歌いたいことなどないのだろう。だって、大好きでしかたがない人にどうしようもなく言われたいことなんて、考えてみたらそんなにないじゃないか。ただ、あの頃のあなたが好きだったなんて、お願いだから思わないでくれ。
スポンサーサイト



23:33 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
会いたくて会いたくて、震えるのも発明だ。 | top | 『だから言っただろう』 「あぁ俺の負けだ、驚いたよ、まさかお前の番がくるとはね」『まさかお前は、 鏡ばっかり見てるんじゃないか?そんな不粋はするもんじゃないよ、毛並みは常 に整えておくものさ、しかも、いつでも、決まった誰かの為にね』「でも、いつ 、あの娘がそうだと確信したんだ?」『実を言うと、最初っからさ、そう、ほん とに、初めのときから…』「はぁ…そんなもんかね」『そんなもんじゃないさ、" そう"なんだよ』

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://overtheborder.blog64.fc2.com/tb.php/1005-b094c8ff