スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

Love has finally come at last.

Very
/ Pet Shop Boys

Pet shop boys-very
シンセサイザーの花束をあの子にも
 シンセサイザーがすきだ。触ったことはないし、音楽的な知識もあまり持ち合わせていない人間なので、音を聴いて、これがシンセサイザーだよ、と言い当てることは残念ながらできないのだが、とりあえず、ギターとベースとドラムとストリングス以外の音は全部シンセサイザーの音なんだと認識することにしている。要するに、それくらい色んな種類の音を出すことのできる楽器だ、という認識だ。実に有能なのである。もはや全能と言ってもいいくらいかもしれない。正しい認識なのかどうかはわからないが。
 正確にいつのことだったかは忘れたが、初めて聴いたペット・ショップ・ボーイズのアルバムがこれだった。そして同時に、このアルバムが僕の初めてのシンセサイザー体験だった。一曲目の“キャン・ユー・フォーギヴ・ハー”を聴いた瞬間に、大きな音だなあと思ったことを覚えている。音量の話ではない。凄まじい迫力だった。「彼女を許すことができるのかい?」と、音そのものでイエスかノーかを問い詰めてくるシンセサイザーの圧力。「僕の手をとって」と歌われる“リベレイション”では打って変わって穏やかに、風に乗って空へ舞い上がるように音階を駆け上がっていく。誰もが知っているかの名曲“ゴー・ウェスト”では、西に何があるとも教えてくれないくせに、その音に乗れば海を渡ることさえもできるのではと思わせる開放感が待っている。シンセサイザーがいかに音楽をグラマラスに彩るかを教えてくれた、忘れられない傑作アルバムのひとつだ。このアルバムが僕にとってのシンセサイザーの定義。シンセサイザーといえば『ヴェリー』。とっても。大袈裟なやつなのだ。
 そしてそんな大袈裟な音は、例えばギターのようなすぐそこの指先から聴こえる音とは違って、どこか遠くから聴こえてくるような気がする。シンセサイザーのそんな飛距離に乗れば、気付いたときには空の高さを感じている。海の広さを感じている。空を見上げようと思う前に。向こう岸を眺めてみたいと思う前に。綺麗なものは恥かしがり屋だから、いつも後から伝えてくる。すきと思う前からすきだった。生きようと思う前から生きていた。
スポンサーサイト
14:56 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。