スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

Pull Up The People

もうすぐで12月。
町中早くもクリスマス・ムードに包まれていますが、
この時期になるとその年に発表された作品を振り返ってしまいます。
今年は恥ずかしいくらいこの一年に発表された作品を聴いていなくて、
そのせいか昨年に比べると名盤と言える作品にあまりめぐり合えていないません。
ずいぶん前にも書いたことある気がするんですが、本当に去年はすごい年だったんですよ。
去年は確かに「大物リリース・ラッシュ」だったんですが、それにしてもすごすぎた。

まず思い浮かぶのは第二次黄金期を鳴らしたオアシスの『ドント・ビリーブ・ザ・トゥルース』。
そのオアシスと同じ時期だけでもホワイト・ストライプスやウィーザーにフー・ファイターズ、
システム・オブ・ア・ダウンにゴリラズ、バックストリート・ボーイズ・・・
大物だけでもこんなに名盤が生まれました。
正直最初は「バックスなんて聴くか」と思ってたんですが、
同じクラスやった友達が貸してくれて、それまでのバックスから一新された作風に度肝抜かれました。
このラッシュ期の数ヶ月前にもマーズ・ヴォルタがとんでもないプログレ作品を残してくれたし、
新人勢でも、ブロック・パーティやルースターは心強かったし、
アトミック・フーリガンにはダンス・ミュージックのおもしろさを再確認させられました。
ディヴェンドラ・バンハートは個人的にですが、アシッド・フォークの真髄を教えてくれました。
ポール・ウェラーもまだまだ現役であることをアピールしてくれたし、
ベイビーシャンブルズはリバティーンズの遺伝子が死んでいないことを証明してくれました。
セイント・エティエンヌのコンセプチュアルな作風もおもしろかったな。

今思いつくだけでもこれだけの名盤があるんですが、
まだ「05年最強のアルバム」を発表したアーティストの名を出していません。
当然ですが「05年最強のアルバム」は「05年最高のアルバム」とは必ずしも一致しませんよ。
そのアーティストの名はM.I.A.、間違いなく「05年最強の新人」です。
その「最強の新人」が発表した「最強のアルバム」がこれ。
Arular / M.I.A.
Arular



とにかく攻撃的。ミッシー・エリオットお墨付きのアグレッシヴさ。
暴力や紛争に独自の目線から鋭いリリックを向ける戦うリリシスト。
着飾ることを知らない実直すぎるサウンドが故に、その言葉もストレートに、違和感なく耳に響きます。
日本での盛り上がりは正直イマイチだった気がするけど、こういう音楽こそがもっと多く聴かれるべき。
本当のポップミュージックってこういう音楽のような気がする。
理想や無根拠な多幸感じゃなくて、あくまでリアリティに基づく事象をいかに自然に歌い上げるか。
そういう意味でこのアルバムは紛れもない「05年最強のアルバム」だったと思う。
今からでも是非聴いて欲しい一枚。


おまけ
M.I.A.-Bucky Done Gun
スポンサーサイト
01:11 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

Hidden Place

おはようございます。
現在6時半。
1限から授業があるにしても、起きるには少し早い時間です。
昨日寝すぎてしまいました。

昨日は彼女と小倉に出かける予定だったんですが、
2人とも寝すぎて起きたのがPM4時でした。
小倉に行くのは諦めて、笑点やらちびまる子ちゃんを観て、
近場の居酒屋に食事しに行きました。

寝起きから数時間しか経ってないのに酒っていうのも結構きつくて、
2人とも気持ち悪くなって、家に帰ってまた寝てました。

起きたら10時過ぎ。
前の日にTSUTAYAで借りた『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を観ました。
ビョーク主演の、ずっと観てみたかった映画です。

正直な感想、めちゃめちゃ面白い。
今まで観た映画の中で一番に選んでもいいくらい面白い。
でも今まで観たあらゆる映画の中で一番絶望的。
絶望に始まって絶望に終わる。
決してそれが新たな希望や慶福に昇華されることはない。
観て幸せになる映画ではないけど、とにかく面白かった。
ひとつ言えることは、この映画、ビョークの音楽を前もって聴いてる方が絶対に面白い。
ビョークがどれだけ刺激的な存在か、彼女の音楽がどれだけ特異か、
それを自分なりに理解してから観ると、この映画は絶対にもっと面白い。
機械の音、列車の音、ペンで絵を書く音、
全てがセルマ(ビョークが演じた女性)にとってはミュージカルなリズム。
どんな逆境の中でもあらゆるリズムを見出し、
空想の中で歌い、踊り続けるセルマの絶望ぶりは鳥肌モノでした。
絶対にこの映画のDVD買おう。
サントラの『セルマソングス』は持ってるんですけどね・・・。
映画観てから聴けば良かったかも・・・。

おまけは映画の中から一曲。
サントラでは、あのトム・ヨークとデュエットしている珠玉の名曲です。
映像は映画そのものみたい。


おまけ
Selma(Bjork)-I've Seen It All
07:02 | 音楽 | comments (3) | trackbacks (0) | page top↑

My Name Is

どうも、「おうてか」という名前やめました。
「幸大」にしました。本名です。
「幸せ」が「大きい」と書いて「こうだい」と読みます。
なんともわかりやすい名前です。
でも気に入ってます。

さてさて、なぜ今まで「おうてか」という名前にしていたかというと、
「なんか本名でやるのもなぁ」という無根拠なためらいと、
ブログを始めた時にオウテカにハマっていたからです。

オウテカって何?という人が多いと思うので、少し説明します。
オウテカ(=Autechre)とは、90年代から始まったエレクトロニック・ミュージックの先駆者です。
エイフェックス・ツインと絡めて話すとわかりやすいと思うんですが、
そっちも説明がいるかもしれないので省きます。
とりあえずWARPという有名レーベルの顔で、
今まで様々なアーティストや音楽そのものに強い影響を与え続けてきた重要アーティストです。
一度『ep7』というアルバムを紹介したことがあります。
その時にも書きましたが、とにかく人間的でなくて冷徹な音を鳴らす、
でも昂揚的なビートを生み出す異端児。
こんな言葉は安っぽいと思うけど、「天才」です。
そのオウテカに敬意を表す意味で、名前を借りました。

でももう最近は全然聴かなくなったし、本名の方が好きなので、名前変えました。
しかしこのままオウテカとさよならはイヤなので、僕が今でも大好きな名曲を一曲紹介します。

「Gantz Graf」という曲です。
オウテカが得意の破壊的なノイズと先鋭的なビートとリズムが集約されたような大作。
ごちゃごちゃ言うより聴く方が早いと思います。
Autechre-Gantz Graf


ちなみに僕のブログの記事のタイトルは全部実際にある曲名から拝借させてもらってます。
内容に関連付ける時もあれば、単語や文の持つ音のリズムが気に入って使う時もあります。
今日の「My Name Is」は誰の曲でしょう?
答えはエミネム。『Slim Shady LP』収録の「My Name Is」です。
昨日のはスリップノットの『Iowa』に収録されてる「Gently」。
全部わかったら気持ち悪いくらいの洋楽マニアです。

名前は変わりましたが中身はなにも変わりません。
音楽語るのが好きなんでこれからも好き放題語ります。
では、これからは「幸大」でよろしくお願いします!
19:08 | 独り言 | comments (3) | trackbacks (0) | page top↑

Gently

今日は大学で学生大会がありました。
体育会や文化会のサークルが集まって様々な問題や予算について話し合う大会です。
ほとんどの学生は全く話聞いてないで、小数の人達の議論と、形式化した採決を行っていく、
正直あまり有意義とは思えない学生の集まりです。
前期に行われた時も僕自身全く話聞かないでサークル仲間と遊んでいたんですが、
今日の学生大会はちょっとだけ真面目に聞いていました。

というのも体総が「新歓コンパの費用を学生費から出して欲しい」とかいうくだらん案を出したからで。
そんなもん可決される訳ないのに。
サークル間の横の繋がりを深めたいとか50年の歴史とか、とってつけたような根拠を述べてましたが、
他のサークルからの質問には全然答えられてなかったし、答える時も話が逸れてたり、
結局そのふたつの理由しか言ってなかったし、ひどいもんでした。
そのコンパも体育会の一部のサークルしか参加してないし、
参加サークルの部員が一人約250円負担すれば良いことなのに、
「自分達で払うということは全く考えていません」とかめちゃくちゃなこと言ってました。
あれは本当にひどかった。
案の定圧倒的多数で否決されましたけどね。

学生大会の後の文化会総会もひどかった。
文総の準備が悪くて、規定の時間を過ぎてしまい
授業の時間に食い込んでしまって、もうなんかてんやわんやでした。
僕はサークルから二名ずつ出される計数係にもなっていたんですが、
配置もよく説明されず、適当にカチカチ数えてました。

とまあ、前期に比べると興味が湧きましたが
前回より二時間も長引き、更に文化会総会の議題は次回の代表委員会に持ち越しという
なんとも釈然としない大会でした。
20:42 | 大学 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

The Worst Is Over

前に一度紹介したことのある作品だけど、
今日はカーシヴの『The Ugly Organ』というアルバムについてちょっと書きたいと思う。
The Ugly Organ



洋楽に限定すると、僕の知っている限り、03年に発表されたあらゆる作品の中で最も素晴らしい傑作。
何がそんなに良いかというと、決定的なものはティム・ケイシャーの書く詞。
某雑誌で「極めて文学性の高いアルバム」と評されただけあって、
その背筋の凍るような描写や、全体を貫く劇的な趣向は卓絶としている。
人間の絶望を圧倒的な説得力で描いた、またとない傑作です。
誰もが歌うようなラブソングやバラードに飽き飽きしている人には堪らない作品だと思います。

ブックレットを開くと、
Enter Organist. Moves stage center in grotesque costume.
He Gestures toward an imaginary audience.

という文章が書かれており、続く名曲「Some Red Handed Sleight Of Hand」では、
「And now, we proudly present, songs perverse and songs of lament.」
「There's no use to keep a secret, everything I hide ends up in lyrics... so read on - accuse me when you're done - if it sounds like I did you wrong.」
「This is the blood I found on my hands after I wrote this album.」
など先程のオルガニストが語ったように聴かせ、この手の込んだイントロダクションを皮切に、
リスナーは底なし沼のように深く、終わりの見えない絶望の世界へと導かれる。

僕もイントロダクションだけみたいな感じになってしまいましたが、時間に余裕もないので、
このアルバムの圧巻中の圧巻である「Sierra」という名曲の歌詞で、
ティム・ケイシャーという人物のあけはだかな生々しい感情の爆発を味わってください。
かつて愛した女性が新しい夫ととの間にもうけた子供に、
自己の感情から抉り取った未練や猜疑心をぶつけるという、ある意味異常な詞です。
でもティム・ケイシャーの詞には「異常」という言葉では十分でないほどの説得力がある。
それを少しでも汲み取ってもらえると幸いです。

続きを読む
23:07 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

Stability

昨日はクラスの男子だけで飲み会でした。
なぜ男子だけかというと、まぁ女性陣には聞かれたくない話もあるわけで。
恋愛関係の話とかね。笑
本当のことを言うと、いつも学校で一緒にいるわりに、一度も飲み会したことなかったからなんですが。
二人来られなかったんですが、残りの七人みんなで飲みに行きました。

僕の家の近所の居酒屋に行ったんですが、みんなで行ったら楽しいのは当たり前やし、
思ってた以上にリーズナブルな金額で飲み食いできて、大満足でした。
みんな飲み会はサークル・部活で行くことが多いので、「たまにはこんなのもいいね」と言ってました。
来月に『クリスマス&忘年会』みたいな感じでまた企画しよっかな。
今度は九人全員で。

最近一人暮らしを始めたやつがいて、居酒屋を出たらその友達の新居を見に行って、
みんなで「やっぱキレイな家はいいねぇ」と感嘆の声をあげていました。
その後は学校から五歩のマンションに住む友達んちで軽い二次会。
20061119201952.jpg
これはその時の写真。みんな個性的で、揃ってシャイな連中です。
「あいつは最初めっちゃ怖いヤツやと思ったけど、本当は一番シャイやった」
とか言って、入学してクラスが発表された時のことを思い出したりして、語り合ってました。
女子もみんな良い子ばっかやし、四年間みんなと同じクラスでいられるなんて幸せ。
英専2組最高。
20:26 | 日記 | comments (6) | trackbacks (0) | page top↑

It Could Be Sweet

もう随分寒くなりましたね。
寒い季節はやっぱり鍋にコタツにミカンですよね。
そういう訳で、昨日彼女と鍋しました。キムチ鍋です。
20061117212400.jpg
コタツとミカンはありませんでしたけどね。
でも、めちゃめちゃおいしかったし、体温まりましたよ。
僕の実家では鍋にウインナー入れないんですけど、彼女んちは入れるみたいで、
昨日初めてウインナー入れて食べたら結構おいしかったです。
実家に帰ったら推奨しよう。

鍋食べ終わったら、木曜洋画劇場の『ロード・キラー』を観てハラハラして、
TSUTAYAで借りてきた『キューティ・ブロンド2』でハッピーな気分になって、
同じくTSUTAYAで借りた『シン・シティ』にマンガみたいな虚構感を味あわされて、
気付いたら朝の4時でした。
僕は本来そんなに頻繁に映画観る人間じゃないんですが、彼女が映画大好きで、
付き合い始めてから結構なペースで観るようになりました。
映画って最初はそんな気なくても、気付いたらその世界観に引き込まれてますよね。
今は僕も立派な映画好きです。

明日は最後の授業が終わるとクラスの男子だけで飲み会です。
クラスの男だけで飲み会するの初めてやからめっちゃ楽しみ。
早く明日にならんかな。

あと最後に、今日TSUTAYAでポーティスヘッドの『Dummy』借りました。
まぁ他にもアリシア・キーズとかソニック・ユースとか借りたんですが、これは圧倒的な名作でした。
すごい閉塞感。押しつぶされそう。
今までトリップ・ポップはマッシヴ・アタックしか聴いてこなかったのでかなり衝撃的でした。
マッシヴ・アタックとポーティスヘッドは時期的にも重複してるし、
この頃の時代の雰囲気が、少し陰鬱な空気に覆われてたんかな。
編集感覚と音楽遺産の栄養素を安っぽく扱わないには、この音が最も適切だっただけかもしれませんがね。
レンタル半額が終る前にあと一回は借りに行きたいな。
ピクシーズとかフェイス・ノー・モア借りないと。


おまけ
Portishead-Sour Times
22:08 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

Ready or Not

TSUTAYAがレンタル半額中なのでCD借りまくっているんですが、
今日借りたCDの中に素晴らしい作品があったので軽く紹介したいと思います。
NY出身の三人組からなるヒップホップ・グループ、フージーズのセカンド『The Score』(96年)です。
The Complete Score



今までヒップホップにあまり夢中になったことがなくて、
聴く時はいつも雑誌なんかで高く評価された作品から聴いていく感じで、
このアルバムも『90年代ベスト・ディスク100』に選ばれていたので借りてみたわけです。

やっぱりこのアルバムで一番気になるのはふたつのカバー曲。
ロバータ・フラックの「やさしく歌って」とボブ・マーリィの「No Woman, No Cry」の二曲。

今でこそ自然に耳に入ってくるけど、
「やさしく歌って」のヒップホップ側からのアプローチの斬新さや、
ギャングスタとかストリートに一党一派に偏らないこの向上心に、
フージーズがヒップホップをメインストリームにまで持ち上げたと言われる所以が集約されている気がする。
ちょっと安直すぎる考えかもしれませんけどね。
でもそう思いました。

「No Woman, No Cry」は安易なカバーと揶揄されたらしいけど、
男二人の声質自体が結構レゲエ調なので意外に自然で、しっかり消化できてると思う。
この曲のカバーはストレートすぎたけど、ヒップホップやR&Bに顕著な名曲のサンプリングっておもしろい。
このアルバムにもいろんな曲の断片が使われてる。
タイトルトラックの「The Score」で使われた「Check out my melody」っていうMCは、
そういえばリンプビズキットの「My Way」にも使われてたなぁ、とか思うとつい笑ってしまう。

まだ一回しか聴いてないんで全景が捉えられていないんですが、
ひとつはっきりしたのは、僕はこういうヒップホップ結構好きです。
多分50 Centみたいなギャングスタ系アーティストと僕は、
「何をかっこよく思うか」っていう価値観に何か決定的な差があるような気がする。
絶対にスマートなヒップホップが良い。僕はそう思います。


おまけ
Fugees-Killing Me Softly
23:06 | 音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

The Other Side

最近シザー・シスターズをよく聴いています。
オアシスのノエル兄貴に
「シザー・シスターズだあ?ヘアドレッサー向けの音楽じゃねえか」
と言われ、その弟リアムに
「けばけばしい色で妙ちきりんな服着やがって。
あんなカマ野郎より俺のほうがよっぽどエンターテインメントだぜ。
いつだってあいつの声帯切り裂いてやらあ、あんなくだらねえ野郎」
と完膚なきまで揶揄された、あの派手な五人組のバンド。

続きを読む
19:37 | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

Dream Sequence

昨日は学び舎で大学祭の打ち上げがありました。
学生だけじゃなくて、生徒さんも一緒に居酒屋に行きました。

刺身とか鍋とか食べましたよ。
「一人暮らししてたら刺身食べることなんか滅多にないなぁ~」とか思いながらビールをガブガブ。
「みんなでコタツに入って鍋したいな~」とか思いながらビールをガブガブ。
気付いたらもうベロンベロンに酔っ払っていました。
飲むペースが速かったから、隣に座っていた生徒さんにちょっと心配されてしまいました。
いや、お恥ずかしい。

居酒屋から出たら生徒さんたちとはさよならして、学校の近くのカラオケへ。
そんな予定だったんですが、ちょっと時間が早かったので体育館で卓球をして時間つぶし。
その後は予定通り朝までカラオケ。
それにしても先輩のサザン桑田のモノマネはひどかった。笑
最後には「桑田と福山雅治と金八は全部声一緒」とか言ってモノマネ祭りみたいになってました。

まぁそんな感じで朝まで歌ってたせいか、案の定今日の授業には出られませんでした。
「今日クラスの友達の誕生日やったのになぁ」とちょっと後悔。

大祭と昨日の打ち上げで学び舎の三年は引退です。
「来週の活動からあの先輩も、あの先輩もいないんか」と思うと寂しいですが、頑張ります。
19:18 | サークル | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

Underneath The Sky

お久しぶりです。昨日、四日間の大学祭が終りました。
最初はそんなつもりじゃなかったんですが、結局全日程大祭を楽しんでしまいました。
楽しかったけど、随分出費した気がします。

学び舎で出した店も一時はどうなることかと思いましたが、無事に黒字で終らせることができました。
でも、ほとんど知り合いに売りつけていたような感じは否めません。笑
こっちも知り合いの店はほとんど行ったのでお互い様です。

お店も楽しかったですが、一番印象的だったのは初日に行われたキャラメルマンの公演。
キャラメルマン知ってますか?知ってたら結構すごいと思う。
なんでも毎年うちの大祭に来てる自称ミュージシャンの芸人?みたいな人です。
先輩に「親と一緒にテレビ観ててラブシーンがあった時くらい恥ずかしい」と言われ、
そんな恥ずかしさを表現できるのなら一度見てみたい、と学び舎のみんなで見に行きました。

それはもうひどかったです。
先輩が言うには、今年は場の雰囲気が良かったらしく、例年稀に見る大成功だったらしいんですが、
確かにこの芸は盛り上がらなかったら見てて恥ずかしいやろなぁ、と思うひどさでした。
「これは未来の後輩に絶対に見せなければ」と心に誓いました。
他の一年生も同じように思ったみたいです。
是非とも盛り上がらないキャラメルマンを見てみたいとも思いました。
来年に期待。合言葉は「キャラ~ン」です。

先週やったとこやのに、今日はまたサークル会館の夜警です。
大祭終ったばっかやし、次の日は一番授業が忙しい日やのに、こんな日に夜警とは・・・。
でも学び舎のみんなで夜警すると楽しいので、それもまた良いでしょう。
それでは。
17:51 | 大学 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

Up The Morning

昨晩は学び舎のメンバーでサークル会館の夜警でした。
今日は2、3限に授業があったので、本当は3時くらいに夜警は抜けて家で寝ようと思ってたんですが、
楽しくなって結局朝まで夜警をして、案の定起きられなくて2限サボってしまいました。

最初は明日から行われる大学祭の話し合い、それが終ると「一般常識クイズ」みたいな本をやりました。
先輩が持ってきてたのをみんなでやったんですが、これがめちゃくちゃ難しい。
国数社理英ほとんど全部を網羅している、「ホンマに一般常識!?」と疑うような難問揃いでした。

でも、頭良いやつ、記憶力良いやつっていますね。
世界各国の首都を把握してる地理マスターの先輩とか、文学少女とか、
横文字にやたらと強い永遠の部長とか、博識オールラウンダーとか。
自分がかなり場違いな気がするほど、みんなインテリジェンスでした。
なにかひとつでも委細な分野があれば、それだけで随分他の人から突出するんだ、と実感しましたよ。

そんな風にみんなの英明ぶりを横目に朝を迎えた訳ですが、その時には少し自分が賢くなってる気がしました。
そういう気がしたせいか、眠かったけど気持ちの良い朝でした。
これは6時に夜警が終了して外に出て撮った大学の写真。空はまだちょっと暗いです。
20061101175927.jpg
外には学び舎メンバーしかいなくてずいぶん閑散としていましたが、明日から4日間はお祭りです。
学び舎が店を出すのは後半の2日間なので、前半は他のお店やイベントを楽しみます。
夜警中に先輩が友達とやるケーキ屋さんの前売り券を買ったから、絶対に前半2日で行かなければ。

それでは、今日はこのへんで。
18:05 | サークル | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。