スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

煙か闇か食い物

Portis.jpg
深夜だし、治安悪いし、寒いし、というわけで、
ついさっきサークルの後輩の家から同期の子の家まで
魔女宅キキのごとく荷物をお届けしたらお礼にお菓子とカフェオレをくれた。
やったね。
深夜の頼もしいお供たちです。

今聴いてるのはポーティスヘッドの『サード』。
08年振り返り中です。
これまたタバコの煙に包まれて、
自分を閉ざしたくなる音楽ですね。
彼らのファースト・アルバムをレヴュー。
そう、こんな世界は「ダミー」だ、とポーティスヘッドは言っている。
もちろん、向こうの世界から。

Dummy
/ Portishead

Portishead-Dummy.jpg
鏡の中のポーティスヘッド
 オアシス『ディフィニトリー・メイビー』とブラー『パークライフ』というブリット・ポップ現象を象徴する双璧が立ち上がった94年のイギリス。しかし、この年のマーキュリー・プライズを獲得したのは、そういった時代の輝かしい主役たちではなく、そこへの反動のようにして国内から現れた、憂いのヴェールを纏ったポーティスヘッドのデビュー・アルバム『ダミー』だった。ヒップホップを基調に置いた深く響くビート、静かに堕ちていくかのような暗いメロディ、そして物悲しげなベスのヴォーカルは、まるで世界の軽薄な表層部を闇で覆い尽くしてその中心にある本質だとか核心だとかいう奥深い部分にまで侵入してすべてを漆黒で塗り潰すかのように、重い。その絶対零度の比類なきメランコリック・サウンドについて語られることが圧倒的に多いが、ベスの言葉にこそポーティスヘッドの本質的な暗さの凄みが秘められていると僕は思っている。彼女が歌う絶望や不安感、それはいつだって「満たされなさ」からくる虚しさや寂しさだ。しかし、それは単に「あの人がいない」という他者との離別や喪失に端を発するロンリネスには納まらない、自分自身のことを“ストレンジャー”と呼ぶしかないほど混乱した自我や、反転した世界観の果てから襲い掛かってくる、もっと恐ろしいものだ。もちろん多重人格などではない。現実世界から自分自身を見つめるのではなく、凍てついた鏡の中からその鏡の前に立ち尽くす現実世界の自分を見つめるような、狂気の世界から現実世界へと向けられる冷たく鋭利な客観性。そして、鏡の中と前で対峙する自己が重なり合うまで永久に満たされないであろうポーティスヘッドの闇は、ここから14年後の08年にもやはり闇のままだったということなのだ。
スポンサーサイト
02:50 | サークル | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ビギナー

Lark.jpg
昨日、サークルのみんなでクリスマス会を開いた。
大学内の会館でワイワイやった後、カラオケに向かい、
その後は今日の夕方ぐらいまでずっと部室で自堕落な生活。

そして、人生初の喫煙。
日頃はタバコなんて吸わない仲間たちと、遊び半分で吸ってみた。
今までタバコは嫌いだったけど、これは吸ってみないとわからないというやつ。
興味本位で始まる大麻・ドラッグ常習もわからないでもないね、と皆で結論。
こうやって、恍惚としたまま転がり落ちていくのか。
でも、僕の生活に煙は必要ない。
ただでさえ視野が狭いのに、モヤモヤでもっと見えなくなる。

でも、こういう音楽聴く時には例外で、タバコも良いかもね、とか思う。
僕は、結構危ないほうかもしれない。

The Cure
/ The Cure

The Cure-The Cure
恐ろしく根源的な病
 本作発表後の05年、メンバー二人の脱退と94年に脱退したポール・トンプソンの再復帰が告げられ、再び変革の季節を迎えたザ・キュアー。新たなライン・ナップに生まれ変わってから初のオリジナル・アルバムとなった今年発表の最新作『4:13 Dreams』は、バンドの核心的な「不安定さ」を安定させたまま更に前へ進もうとする非常にポジティヴで素晴らしいアルバムだった。ロバート・スミスという不治の病を抱え続ける限りキュアーの表現がブレないことはすでにわかっているが、彼らのキャリアにはそれでもハッキリとした隆盛と没落の歴史がある。解散も囁かれた90年代後半以降の苦節の月日を越えて04年に発表された本作は復活宣言と呼ぶにはあまりにも十分すぎる傑作だった。
 メンバーの顔ぶれやジャケットでもわかるとおり明らかに正当・正統な血統でない彼らの音楽が、実に約30年にも渡る長いキャリアを経てもなお一定の支持を獲得し、その立ち居地を不動のものにしている事実はいささか奇妙だ。U2のような、巨大で道徳的で「正しい」バンドとはわけが違うのだ。ザ・キュアーという深く閉ざされた空間で「絶対的な自己」を見出せずに迷い揺らぎ続けるこのダークなイメージを、僕たちが希求するのを止めないのはいったい何故なのだろうか。本作収録の“ラビリンス”という歌にとても印象的なフレーズがある。「ああ、変わってしまったんだ。ずっとこんなじゃなかったはずなのに。きっともう何もかも変わってしまったんだ。それとも、変わったのは僕なのか……」。絶対的な何かを追い求めるということは時としてもうひとつの不安定な何かを探ることでもある。世界が狂っているのは自分が狂っていないからなのか、世界が狂っていないのは自分が狂っているからなのか。どちらが正しいのかはわからない。その判断は狂っているかもしれないし、その正しさはそもそも本当に狂っていないのか? そこに絶対的な答えなどない、ということそのものが、僕たちの悲劇と苦しみの始まりなのだ。

20:01 | サークル | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

マメ

ドロップ
今夜は23時から明日の朝7時までサークル会館の夜警。
僕たち三年生は今週で引退した身だけど、
でも三年生が一番多いんだろうなぁ。
昨日、元部長からメールが来て、「三年会をやろう!」と。
絶対に参加する。
今日の夜警も、もちろん。

The Script
/ The Script

The Script-The Script
結晶のような音楽
 デビュー・アルバムとなる本作がめでたく全英一位を獲得したアイルランド出身のスリー・ピース、ザ・スクリプト。勝因は間違いなくマルーン5を彷彿とさせる極めて純度の高い、この切ないメロディだ。濁った瞳を浄化するような透き通ったメロディの根底にあるのは、しかし、意外にも傷心や迷いといった重く暗い感情だったりする。ヒップホップのリズムを取り入れたサウンド・デザインも彼らだけの特別な魅力だが、彼らの音楽がグッド・メロディを武器にする幾多のバンドと決定的に違っているのは、やはりその始まりにある絶望だ。“ジ・エンド・ホエア・アイ・ビギン”という曲がそれを感動的なほどに象徴している。「自分が絶望していたときに、音楽だけが自分を救ってくれた」と語る彼らの歌はだからこそ力強く、音楽への信頼に溢れていて、彼らは音楽に対してどこまでも正直になることができる。ジャケットに描かれているような貧しい工業地域から世界に飛び立った彼らの成功の物語は、絶望という絶対的なひとりから「俺たちは共に泣く」という普遍とそこからだからこそ立ち上がる希望へと昇華する彼らの音楽にそのまま置き換えることができる。個人的には音楽へのその信頼が裏切られ破綻したときの深い絶望とそこからの希望の凄みはもっと強烈なんだぞ、と言いたいところだが、とにかく、成長の余白をまだまだ十分に残したこれからが期待できる良いバンドの登場だ。
20:23 | サークル | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ジョイフル・クオリティ

新
某ファミレスで、と言いながら堂々とタイトルにしているが、
明日行う後輩の誕生日会の計画をサークル仲間と練っていた。
もう細かいことは書かないけど、今日のあの店は本当に凄まじかった。
店員も客も、いろいろとやらかしてしまっていた。
あの店員にしてこの客。
そして、僕たちもそんな客の一味にすぎなかった。
ひとつひとつは「事件」と呼ぶには小さすぎる出来事だったけど、
すべてが同時多発テロ的に行われたあの衝撃はすごかった。
誕生日会なんて、しばらくのあいだ頭から吹き飛んでいた。

この間の抜けた写真は、
僕たちが何時間もかけて捻り出したサプライズ企画の重要なアイテム。
彼が明日は大活躍するのです。
サークルの仲間の誕生日には必ず何かサプライズを仕組むのですが、
今回は久しぶりに大掛かりな企画です。
明日が楽しみ。
ヴァーヴの復習をしながらそろそろ寝ようかな。


A Storm In Heaven
/ The Verve

The Verve-Storm In Heaven
時に、ギターは言葉よりも雄弁に真実を語る
 長年ロックを聴き続けていると、ギターの音が「ジャ~ン!」とひとつ響いただけで、そこに込められた思いや感情からその音が持つ奥行きや温度、鋭さや矛先に至るまで、あらゆる情報を瞬時に理解することができるようになる。こうだから・ああだからという理屈ではなく、完全にただの勘なのだが、これが不思議とその通り理解した方がシックリきたりするもんなのである。本作は来月に実に11年ぶりとなる待望の新作を発表するザ・ヴァーヴのデビュー・アルバム。今でこそ“ビター・スウィート・シンフォニー”の協奏曲的なイメージと『アーバン・ヒムス』のアコースティックな佇まいの印象が強いが、デビュー当初はフィードバック・ノイズが印象的な所謂シューゲイザーの一派だった。時に穏やかに、時に激しくうねるそのギター・サウンドは極めて憂鬱な表情をしているが、孤独が肥大させた独りよがりな狂気を常に孕んでいる。強い内向性と内に秘めきれない激しさという両極端の二面性が絡み合いながら押し寄せるサウンドは、だからこそ軽く聴き流すことのできない重さを持っている。リチャード・アシュクロフトのボーカルも、気だるいような気もするが今にも死にそうなほど切実である。ジャケットの洞窟は子宮のイメージである。その出口には光に照らされ両手を掲げながら喚起の産声を上げる小さな人影が描かれている。墓地の写真がそのまま採用されたバック・カバーは、言うまでもなく「死」を表している。つまり、本作は「生」と「死」という相容れない対極のイメージによってパッケージされたアルバムであって、実際に引き裂かれた両極の間を揺らめくような実に酩酊したサウンドスケープを描き出していた。
01:57 | サークル | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ぬりかべ

20071016004539.jpg
学び舎新部長の提案で、
今日から毎週月曜日は学び舎のみんなで昼ご飯を食べる日になった。
そもそもが週一の活動のサークルなので、
みんなで顔を合わせる機会も週一というわけで。
みんながちゃんと大祭とか行事の情報を得る機会にもなるし、良い考えだと思う。
更に今日は学び舎メンバーの誕生日だったので、
みんなで集まって祝えて本当に良かった。
一週間に楽しみな日が増えました。

今ちょっとドライブ用のMDを作っていて、
どうしても1曲目はカニエ・ウェストの“ハード・エム・セイ”から始めたいんですけど、
これの次になかなか続けられない。
もうパソコンのキャパを軽く超えるくらいの楽曲が入ってる
僕のiTunesの中からこれに続く曲を探しているんですけど、見つからない。
その作業は、百数の楽曲の中から十数曲を選び出してひとつのアルバム作る
音楽家達のやることと少し似てる。
いろんなものが入り組んでて混沌とした状態を強制的に秩序化させる。
そう思うと、あれに“タッチ・ザ・スカイ”を続けて、
聴き手をバーン!と盛り上げるカニエの表現力はやっぱり凄いなぁと
思わざるを得ないです。
サンプリングはあくまでベーシックなのに、きちんと自分の音にしてるしね。
カニエ、凄すぎる。

でも今日紹介するのはカニエじゃなくて、アメリカのポップ・マジシャン達。
“ステイシーズ・マム”という曲が大好きで大好きでたまらない高校生でした。僕は。

Welcome Interstate Managers
/ Fountains Of Wayne

Welcome Interstate Managers



ポップネス総動員
 ブリトニー・スピアーズの“ベイビー・ワン・モア・タイム”のお茶目なカバー・ナンバーの収録されたB面曲集『アウト-オブ-ステイト・プレイツ』(05年)や最新作にして快作の『トラフィック・アンド・ウェザー』(07年)がヒットし、日本でももう馴染みのお茶の間バンドへと成長したファウンテインズ・オブ・ウェイン。ファーストやセカンドの方がおそらく評価は高いのだろうが、超ド級必殺ポップ・ソング“ステイシーズ・マム”の収録されたサード・アルバムの本作を選んだ。僕の世代がファウンテインズと出会うのは絶対にこのアルバムからだと思う。
 恥ずかしいことに、初めて聴いた時はイギリスのバンドだと思った。90年代にグランジ、オルタナ~ヘヴィ・ロックの一連の凄まじい移行を経験したアメリカのバンドが、このバカ正直なぐらい清いポップ・センスを今でも持ち合わせているなんてとてもじゃないが考えられなかったのだ。言ってみれば、アメリカのロックが「ポップ」をこうも簡単に受け入れて、自身の一部に取り込んでしまうなんて信じられなかったのだ。ソングライティングを担当しているクリスとアダムの2人のポップ・マジシャン達がつむぎ出すメロディアスなナンバーはハード・ロックやヘヴィ・ロックに対するアンチテーゼを処世術としているかのようだが、その潔癖すぎるほどの清さでキラリと光る名ポップ・ソングを数多く収録し、更に前作より確実にプロダクションが隅々まで行き渡った本作。その象徴ともいえる“ステイシーズ・マム”は彼らのマイルストーン的な名曲である。女友達のお母さんに恋してしまうこの曲。「ステイシー、わかってくれよ/君じゃだめなんだ/間違っているかもしれない/でも僕はステイシーのママに恋してるんだ」。歌詞を読んだだけでももう眩暈の起きそうなポップ・センスで溶けてしまいそうである。この曲で結成8年目にしてグラミーの最優秀「新人」部門にノミネートされたのはあまりにも有名なお話。新人みたいな清さ、ということなのだろうか。そこのところは不明です。


Fountains Of Wayne-Stacy's Mom
01:33 | サークル | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。